副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

近年、副業への関心が高まる中で注目されているのが、「Webライター」です。
始めやすく自由度が比較的高いWebライターで収入を増やしたい方は多いのではないでしょうか?

しかし、「副業のWebライターは稼げない」といった声を耳にして、不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、副業Webライターの収入事情を公開します。
さらに、7つの収入アップの秘訣を解説しているので、Webライターを副業として始めようか迷っている方は必見です。

1.副業Webライターの収入事情

副業でWebライターを始める方の中には、月収10万、20万などを夢見てスタートする方も少なくないでしょう。

副業Webライターが、本業の収入に近い収入を得ることは可能です。

とはいえ、すべてのWebライターが順調に稼げるわけではありません。

副業Webライターの収入の「リアル」を見ていきましょう。

1-1.毎月~5万円くらいが目安

1-1.毎月~5万円くらいが目安

一般的な副業Webライターの収入は、「~5万円くらい」です。

「株式会社ビズヒッツ」が行った調査によると、副業Webライターの月収事情は、以下のとおりです。
※Webライティング経験者461人を対象

  • ~5,000円 197人
  • ~1万円 92人
  • ~2万円 49人
  • ~3万円 27人
  • ~5万円 15人
  • ~10万円 6人
  • ~20万円 1人

出典:“WEBライティングに関する意識調査”

このアンケート結果を見ると、副業Webライターとして高収入を得るのはなかなか難しいことがわかります。
5万円を超えて稼げるWebライターは、1桁しかいません。

Webライターの数はこのアンケート対象者よりもずっと多いため、実際には5万以上稼いでいるWebライターの数自体はもっと多いでしょう。

とはいえ相対的に見れば、月収5万円以下のWebライターが圧倒的に多いと推測されます。

1-2.文字単価別の収入目安

1-2.文字単価別の収入目安
副業Webライターの収入目安を文字単価別に見ていきましょう。

文字単価とは1文字あたりの報酬単価のことです。
例えば1文字1円の場合、1,000文字執筆すると報酬は1,000円です。

当然のことながら、文字単価が上がれば収入は大幅にアップします。
同じ文字数の記事を執筆しても、文字単価0.5円と1円や2円とでは、報酬に大きな差が出ます。

例えば、「1記事3,000文字の案件」があるとして、文字単価に対する報酬額を比較してみてください。
※計算式は「3,000文字×文字単価」。

  • 文字単価0.5円 報酬1,500円
  • 文字単価1円 報酬3,000円
  • 文字単価2円 報酬6,000円

副業Webライターの報酬をよりイメージしやすいように、今度は時給ベースで考えてみましょう。

仮に1時間あたりに書ける文字数が1,000文字だとしましょう。
この場合、先ほどの「1記事3,000文字の案件」にかかる時間は「3時間」です。

では、上記の文字単価別の報酬を時給換算するとどうなるでしょうか?

  • 文字単価0.5円 報酬1,500円 時給500円(3時間で1,500円の収入)
  • 文字単価1円 報酬3,000円  時給1,000円(3時間で3,000円の収入)
  • 文字単価2円 報酬6,000円  時給2,000円(3時間で6,000円の収入)

このように時給ベースで考えても、文字単価のインパクトが容易に把握できます。

では最後に、ケーススタディで副業Webライターの収入目安を見てみましょう。

会社勤務の副業Webライターが、仮に「平日2時間&土日各5時間」で週に合計20時間(月に約80時間)のWebライティングをするとしましょう。
1時間あたり1,000文字を書けるWebライターだと、80時間で8万文字書ける計算になります。

この場合、文字単価別の月収は以下のとおりです。
※計算式は「8万文字書ける文字単価」

  • 文字単価0.5円 報酬4万円
  • 文字単価1円 報酬8万円
  • 文字単価2円 報酬16万円

これは、あくまで執筆にかかる時間のみを計算したケースです。
実際にはリサーチや検索意図の見極め・記事構成などにも時間がかかるため、上記の報酬額よりも目減りします。

1-3.頑張りしだいで収入アップは可能

1-3.頑張りしだいで収入アップは可能

副業Webライターの収入に明確な相場はありません。

どれくらい稼げるかは自分の努力によるところが大きく、1万円未満しか稼げない場合もあれば、本業より稼げる場合もあります。

先ほど収入目安で触れたように、文字単価によって収入に大きな差がつきますが、高単価案件を獲得するには高いスキルが求められます。

学習に学習を重ねてWebライティングスキルを伸ばし、実績を着実に積み上げていけば、いずれ本業へのシフトへ考えられるほど安定した収入を得られるかもしれません。

2.副業Webライターが収入を底上げする7つのコツ

副業Webライターが収入を段階的にアップさせるには、いくつかのコツを押さえる必要があります。

どんな仕事に熟練するにもコツがありますが、文章力を伸ばしたり文字単価を上げたりするのも例外ではありません。

以下の7つのコツを詳しくご紹介します。

  • ライティングスキルを高める
  • 時間を確保する
  • 得意分野の案件を探す
  • 対応可能な作業を増やす
  • クライアントと良好な関係を保つ
  • 「認定ライター」などPRポイントを作る
  • 単価交渉にチャレンジする

2-1.ライティングスキルを高める

2-1.ライティングスキルを高める
何より大事なのはWebライティングについて学び、実践を重ねることです。

「十分掘り下げられた情報」「論理的な記事展開」「読みやすい文章」、これら良質な記事を書くメソッドをしっかり学習しなければ、クライアントを満足させられる記事は書けません。

Webライティングに関する書籍やサイトを読み込み、まずはノウハウを頭に叩き込みましょう。

また、クラウドソーシングや記事作成代行会社などに登録して、多くの仕事をこなすことも大切です。

2-2.時間を確保する

2-2.時間を確保する
副業Webライターとして稼ぐには、稼働時間をしっかりキープしなければなりません。

本業やその他の用事に時間を取られるあまり、執筆の時間が確保できなければ、実力があっても稼げません。

本業を効率よく終わらせて残業せずに帰宅したり、通勤時間に執筆予定の記事に関するリサーチをしたりなど工夫しましょう。

執筆かける時間と休憩にメリハリをつけるのも大事です。

2-3.得意分野の案件を探す

2-3.得意分野の案件を探す
仕事や趣味・学校で専門的に学んだことなど、自身のノウハウやスキルを活かせる分野で案件を見つけられれば、執筆スピードはおのずと早くなります。

またテーマに精通している分、ほかのWebライターに書けない深い情報をカバーでき、その結果検索エンジンで上位表示を狙いやすいです。
そうなればクライアントに喜ばれて信頼関係が深くなり、後述する単価アップ交渉にもつなげやすいでしょう。

もし自身の得意分野が、法律や金融・医療などより専門性の高い分野である場合、対応可能なWebライターが少ない分、文字単価が高くなる可能性が大です。

2-4.対応可能な作業を増やす

2-4.対応可能な作業を増やす
執筆だけでなく、WordPressへの入稿や取材など、できる作業が多いとクライアントに重宝されます。

「いろいろな仕事を頼めるWebライター」として認知されれば、継続案件の獲得につながりやすいはずです。

ある程度執筆に慣れたなら、プラスαのスキルを身につけられないか探してみましょう。

2-5.クライアントと良好な関係を保つ

2-5.クライアントと良好な関係を保つ
クライアントと良好な関係を築ければ、案件獲得のチャンスが広がります。

誠実な態度で作業に取り組むことや、マニュアルやフィードバックに忠実な仕事をすることがクライアント側に伝わっていれば、新しい案件を依頼してくれる可能性が高まります。

自分がクライアントの気持ちになってみれば、こちらの要望をしっかり汲んでくれるWebライターに仕事を頼みたいと思うのではないでしょうか?

2-6.「認定ライター」などPRポイントを作る

2-6.「認定ライター」などPRポイントを作る
クラウドソーシングサイトでは、一定の実績を積むとステータスが上がる仕組みがあります。

例えば「ランサーズ」の場合、一定の規準を満たすと「認定ランサー」という称号を得られます。

このような客観的評価がつくと、クライアントから注目されやすく、高単価案件を任されやすいです。

プロフィールでもその点をアピールでき、ライバルとの差をつけやすくなります。

2-7.単価交渉にチャレンジする

2-7.単価交渉にチャレンジする
ある程度実績があるなら、単価交渉を思い切って行うのもコツです。

「単価交渉なんてしたらクライアントから白い目で見られるかも」と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、付き合い始めたばかりのクライアントにいきなり交渉を持ち込むのはNGです。

しかし相手から高い評価を受けている場合、丁寧な物言いで交渉するのは間違ったことではありません。

クライアントとしても、継続して良い記事を書いてくれるWebライターを引き留めておく方が、新たにWebライターを探すより効率的でしょう。

以下の交渉ポイントを意識して、チャレンジしてみてください。

  • 単価アップの代わりに対応記事数を増やすなどクライアントのメリットを提示する
  • 文字単価0.2円アップなど少額のアップに留める

3.副業でWebライターになるメリット・デメリット

ここからは、副業でWebライターを始めるメリットとデメリットを解説します。

両者を天秤にかけて、自分の生活に向いた働き方かどうかを見極めてください。

3-1.5つのメリット

まずは、メリットから見ていきましょう。
副業Webライターには、少なくとも以下の5つのメリットがあります。

  • 生活費に余裕が出る
  • 頑張りが収入に直結する
  • 最小限のストレスで仕事ができる
  • 家族と同じ空間にいながら働ける
  • 知識欲が満たされやすい

3-1-1.生活費に余裕が出る

3-1-1.生活費に余裕が出る

本業と副業の2つの収入源があれば、総収入は上がります。

家族のいる方や家賃が高い地域に住んでいる方などの場合、「本業だけだと、なかなか趣味や旅行などにお金を使えない」と感じることも多いでしょう。

副業Webライターとして実力をつければ、もう少し余裕を持った生活設計ができます。

副業すると本業のみの場合より時間的余裕は少なくなるかもしれませんが、Webライターは在宅で働けるほか、自分で働く量を決めやすいため、結果的にプライベートを充実させやすいです。

3-1-2.頑張りが収入に直結する

3-1-2.頑張りが収入に直結する
Webライターの収入は、固定給ではありません。

仕事がうまくいかないと収入が低くなるリスクがありますが、その一方で、努力して効率よく仕事ができれば収入を無段階的に上げられます。

「頑張ってWebライティングについて学習し、学習したことを実際の案件で活かす」、このサイクルをしっかり続ければ、結果はついてきます。

最初の数ヵ月は1~2万円しか稼げなくても、そのうち3万円、5万円と、作業に慣れるにつれて収入を増やすことは十分可能です。

3-1-3.最小限のストレスで仕事ができる

3-1-3.最小限のストレスで仕事ができる
副業Webライターは、自宅のリラックスした雰囲気の中で働けるのが大きなメリットです。

自宅なら服装も立ち振る舞いも気にせず、好きなように働けます。
いつ休憩するか、いつ食事を取るかなど、すべて自己管理で問題ありません。

また、人が多くいるオフィスとは異なり、人間関係に悩むことも極めて少ないです。

このように、在宅ワークが可能なWebライターは、最小限のストレスで仕事をできるのが特徴です。

3-1-4.家族と同じ空間にいながら働ける

3-1-4.家族と同じ空間にいながら働ける
在宅ワークが可能なWebライターは、家族と過ごす時間を多く取りやすいです。

特定の場所に出勤しないといけない副業だと、家族と過ごせる時間が限られてしまいます。

「収入を増やしたいけど、家族との時間も大切にしたい」

このような方にとって、Webライターはもってこいの副業です。

3-1-5.知識欲が満たされやすい

3-1-5.知識欲が満たされやすい

Webライターが執筆するテーマは、多岐にわたります。

「1つのジャンルだけしか受注しない」場合は別ですが、得意ジャンルを含め複数のジャンルの仕事を受けると、実に多くの情報を目にすることになります。

中には、対して興味を持てないジャンルがあるかもしれませんが、さまざまな情報をリサーチしていると、新しい発見があって楽しいと思えることが多くあります。

例えば…

「家電製品のランキング記事を書いていたら、自分の生活にも役立つグッズが見つかって良かった」
「サプリをPRする記事を書いているうちに、健康に詳しくなった」

など、リサーチしたことの中には自分の生活に役立つものも少なくありません。

仕事の時間が、良い意味でネットサーフィンの時間のようになると、副業Webライターの仕事はよりストレスの少ないものとなります。

3-2.3つのデメリット

続いて、デメリットを見ていきましょう。
以下の3つのデメリットを挙げられます。

  • 最初は思うように稼げないケースが多い
  • 本業との兼業を負担に感じることもある
  • 自己管理が意外と難しい

3-2-1.最初は思うように稼げないケースが多い

3-2-1.最初は思うように稼げないケースが多い
今まで文章を書く仕事をしたことがない方の場合、最初の数ヵ月は大変かもしれません。

「1,000文字書くのに何時間もかかる」こともざらにあるでしょう。
あるいは、時給換算したら100円にもならないことすらあるかもしれません。

しかし、慣れや実力が出てくれば収入は上がります。
最初が大変でも、すぐにあきらめないようにしましょう。

3-2-2.本業との兼業を負担に感じることもある

3-2-2.本業との兼業を負担に感じることもある
本業は本業で忙しい場合、なかなかWebライティングに時間を割くことが難しくなります。

場合によっては、納期に間に合わせるのが常に大変になる恐れがあります。
最初のうちは執筆に慣れないこともあり、余計にハードな毎日になるかもしれません。

本業の通勤時間が長い、残業が不規則といったケースでは、スケジュール管理が大変です。

無理せず副業もこなすには、工夫が求められます。

3-2-3.自己管理が意外と難しい

3-2-3.自己管理が意外と難しい

Webライターは在宅ワークであるためリラックスできる反面、周りの目や明確な就業時間がない分、だらだらと時間を使ってしまう可能性があります。

テレビやネット動画を見ながら作業し始めたり、数分執筆して手を止めてしまったりなど、集中力を欠く恐れもあります。

在宅ワークは、「諸刃の剣」です。

自分を律してスケジュールどおりに仕事するのは、決して容易ではありません。

4.副業Webライターに関するFAQ

これから副業Webライターを目指す方は、さまざまな疑問を抱えていることでしょう。

多くの方が疑問に感じると思われる点を2つだけ取り上げます。

今後の働き方を決める上で参考にしてください。

4-1.クラウドソーシングと記事作成代行会社どっちで始めるべき?

4-1.クラウドソーシングと記事作成代行会社どっちで始めるべき?
どっちが正解ということはありません。
どちらにもメリット・デメリットがあり、好きなサービスでWebライティングの仕事を始められます。

クラウドソーシングの良いところは、自分で案件を選べることです。
ジャンルや文字単価をフィルタリングして応募できるため、自由度が高いです。

一方、応募した案件を獲得できるとは限らず、場合によっては仕事をなかなか見つけられないかもしれません。

記事作成代行会社の良いところは、編集者や校正スタッフなどと協力して記事作成できること、また案件を割り振られるため仕事を安定して得やすいことなどです。

一方、文字単価やテーマを自由に選ぶことはできません。

4-2.まったくの未経験でも副業Webライターになれる?

4-2.まったくの未経験でも副業Webライターになれる?
未経験でも副業Webライターになれます。

ネット環境とパソコンさえあれば、文章は書けます。

ただし未経験だとスムーズな仕事はできないため、Webライティングその他もろもろの学習が必要です。

5.副業Webライターデビューをサポート!「BRIDGEA」で働きませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
副業でWebライターを始めて、今の収入を増やしたい方。

弊社「BRIDGEA」でWebライティングを学びながら、ご一緒に執筆の仕事をしてみませんか?

弊社は記事作成代行サービスを展開しており、随時Webライターを募集しております。

これまで執筆業に携わったことがなくても、ご心配は不要です。

Webライティングのプロフェッショナルが、仕事の基礎と応用ノウハウをしっかり指導いたします。

準備ができしだい仕事が割り当てられるため、学んだことをすぐに実践可能です。

「可能なら、プロに教えてもらってから仕事を始めたい」
「インプットとアウトプットを同時にできるところでWebライターになりたい」

このようなニーズがある方は、ぜひ下記の募集ページより積極的にご応募ください。

参照:Webライター募集ページ

6.まとめ

副業Webライターの収入は、「~5万円ほど」です。

「コンスタントに5万円ほど稼げてる」方もいらっしゃれば、「頑張って1万円」の方もいらっしゃるでしょう。

収入は、文字単価やリサーチ力・執筆スピードなどにより左右されるため、収入をアップするにはスキル習得が必須です。

ご紹介した7つのコツを実践しつつ、稼げる副業Webライターを目指してください。

弊社「BRIDGEA」も、未経験Webライターの方を含め、みなさまのWebライティングを応援いたします。
ぜひ弊社サイトをご覧いただき、お気軽にWebライター募集事項についてご相談ください。

関連記事

  1. Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

    Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

  2. フリーランスはWebライティングで稼げる?7つのコツを公開

    フリーランスはWebライティングで稼げる?7つのコツを公開

  3. 求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

    求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

  4. 【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

    【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

  5. Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

    Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

  6. Webライターの仕事とは!仕事の流れ・探し方を記事作成のプロが解説

    Webライターの仕事とは!仕事の流れ・探し方を記事作成のプロが解説