Webライターが勉強すべき5項目とは!?おすすめ勉強法もご紹介

Webライターが勉強すべき5項目とは!おすすめ勉強法もご紹介

Webライターをこれから始めようと思っている方や、始めたばかりの方。
「どうやってWebライティングを勉強しよう…」と迷っていませんか?

Webライターは資格や学歴などを必要とする仕事ではありませんが、ハイレベルなWebライターになるには、学ぶべきことがたくさんあります。

高いスキル・専門性を身につけなければ良質な記事は書けません。
安定して高い収入を得ることも難しいでしょう。

そこでこの記事では、Webライターが学ぶべき5つの項目をご紹介します。
さらに、おすすめの勉強スタイルも解説。

Webライター未経験の方も、スキルアップに苦労している方も、この記事からぜひヒントを得てください。

1.【未経験者必見】Webライターが勉強すべき5つの項目

未経験者のWebライターが勉強すべき項目としては、以下の点が挙げられます。

  • ユーザーニーズを読み解く方法
  • 情報収集のやり方
  • 論理的な記事構成を作る方法
  • さらっと読めて役立つ文章を書く方法
  • SEOノウハウ

いずれのテクニック・ノウハウも重要で、インプットすることによりスキルを大幅にアップします。
それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

1-1.ユーザーニーズを読み解く方法

1-1.ユーザーニーズを読み解く方法
1つ目は「ユーザーニーズを読み解く方法」です。
※「ユーザーニーズ」とは「ユーザーが知りたがっていること」を意味します。

ネットで調べ物をするとき、ユーザーは通常、特定のキーワード(「クエリ」と呼ばれる)を入力して検索にかけます。
例えば、お得に東京から大阪へ移動する手段を知りたい場合は、「東京 大阪 お得 移動」といった感じです。

すると検索エンジンは検索されたキーワードに基づいて、ベストな回答を持っていそうなWebページを、検索結果上位に表示します。

仮にある記事が、「東京から大阪へ持っていくと喜ばれるおみやげ」について書くとしたら、検索結果には出てこないでしょう。

Webライター側はこの点を踏まえ、各記事に設定されたキーワードを検索するユーザーがどのようなニーズを持っているか把握し、それに基づいて記事を書かなければなりません。

このユーザーニーズの読み解きは、簡単なようで意外と難しいことがあります。

先ほどの「東京 大阪 お得 移動」など、すぐにニーズがわかるキーワードもありますが、読みを間違えやすいキーワードもあります。

例えば、「キーワードに含まれそうな情報が多い場合」はその一例です。
「東京 大阪 交通」というキーワードがある場合、ユーザーが「自分が移動する方法を知りたいのか」「交通インフラについて知りたいのか」「現在の交通情報を知りたいのか」、ニーズを絞り切れません。

Webライターが扱う案件にはさまざまなキーワードがあり、中にはユーザーニーズの読み解きに多少手こずることもあるでしょう。
しかし読み解く方法を勉強すれば、検索結果上位に表示される記事を書きやすくなります。

1-2.情報収集のやり方

2つ目は「情報収集のやり方」です。

検索ニーズが分かっても、必要な情報を揃える能力に欠けていると、どのサイトにもあるような内容しか書けません。
オリジナリティーを持たせたり、より信頼できる一次情報を記事に含めたりするなら、情報収集のやり方を学ぶ必要があります。

ほかのサイトに書かれていることをそのまま真似して書くようでは、Webライターとして成長できません。
場合によっては、検索エンジンからコピー記事とみなされてしまう恐れもあるでしょう。

情報収集力に長けたWebライターは、SNSや論文など多岐にわたるソースから情報を探したり、ほかの言語でも調べたりなど「深掘り」できるため、記事の内容が充実します。

マイナーなテーマについて書く場合も、情報収集力が大切です。

今やネットが普及して数えきれないほどのサイトが乱立しているため、どんな情報でも簡単に見つかると思えるかもしれません。
確かにメジャーなテーマに関してはそういえますが、ニッチなテーマについては情報が限られます。

受注した案件がそういうニッチなテーマについての情報である場合、調査力がないWebライターは時間を浪費してしまいます。

1-3.論理的な記事構成を作る方法

1-3.論理的な記事構成を作る方法
3つ目は「論理的な記事構成を作る方法」です。

「論理的な記事構成」とは、「筋が通っていてユーザーが納得しやすい文章構成」です。
記事の流れが論理的だと、ユーザーは疑問を少しずつ解消していけるため内容に満足します。

ユーザー満足度が高い記事は検索エンジンからも評価されやすく、結果的に上位表示にもつながりやすいでしょう。

では論理的な記事構成とは、具体的にどのようなものでしょうか?
よく指摘されるのは「PREP法」です。

「PREP法」とは、以下の順序で文章を展開する型です。
Point(結論)

Reason(理由)

Example(具体例)

Point(結論)

英語にして単語のイニシャルを並べると「PREP」となるため、「PREP法」と呼ばれます。

PREP法で肝心なのは「結論ファースト」です。

何かを調べているユーザーは、真っ先に答え(結論)を知りたがります。
最後まで読まないと答えがわからない文章だと、ユーザーは最後まで記事を読まずに離脱してしまうでしょう。

最後に犯人がわかるのが楽しい推理小説と、Web記事とはまったくの別物です。

PREP法では最初に結論を述べてユーザーを満足させ、納得してもらうために理由と具体例を挙げます。
そして最後にもう一度結論を述べて、ユーザーに覚えてほしいことを強調します。

PREP法に代表される論理的な記事構成を心がけると、「理解が進む」記事を納品できます。

1-4.さらっと読めて役立つ文章を書く方法

4つ目は「さらっと読めて役立つ文章を書く方法」です。

別の言い方をすると、「流し読み」されても理解される文章を書くことが大切です。

ネットにあるWeb記事を読んだことがある方なら経験があるかもしれませんが、多くのユーザーは記事を流し読みします。

論文を読むときや、非常に専門性が高い内容(金融や法律など)について読むときはじっくり読むかもしれません。
しかしテーマがそれほど重いものでなければ、さらっと読む方が多いです。

そのため、流し読みにも「耐えられる」文章を書く必要があります。
つまり、1回目で追っただけで頭に入ってきやすい文章です。

具体的には、以下のようなポイントに気を遣うことが大切です。

・一文の長さを短めにする
短めだとさらっと読みやすいです。
スマホで検索するユーザーが圧倒的に多いため、長文だとユーザーに不親切でもあります。

・適度に改行して、1段落を多くの文で「ギュウギュウ」にしない
多くの文が1つの段落に集まっていると、今読んでいる箇所を見失いやすいです。
この記事のように1つか2つの文ごとに改行を入れると、すらすら読みやすくなります。

・漢字が多すぎない平易な文章を意識する
ひらがなとカタカナ・英字がバランスよく含まれていると、読むスピードが上がります。

・表や図解をいれる
文字だけでは伝わりにくい点も、表や図があると頭の中で整理しやすくなります。

・箇条書きを活用する
ある点を説明する目的で複数の項目に言及する場合、箇条書きにすると視認性がより高くなります。

1-5.SEOノウハウ

1-5.SEOノウハウ
5つ目は「SEOノウハウ」です。
※「SEO」とは「検索エンジン最適化」。検索エンジンで上位表示を目指す目的で行われる、一連の施策を指します。

Googleをはじめ現在の検索エンジンのアルゴリズムは非常に性能が高く、良質な記事のみが上位表示を達成できるようになっています。
※ここでいう「アルゴリズム」とは、検索エンジンが検索結果を決めるための一連の要素のこと。
※現在の検索エンジン界で圧倒的なシェアをほこるのは「Google」です。

一般的に「良質な記事」とは、キーワードに関する情報の専門性や、信頼性などが優れている記事です。
つまりユーザーの知りたい情報を広く深く説明してくれ、かつ嘘偽りのない正確なことを教えてくれる記事だといえます。

SEOを意識した記事においても、この点が非常に重要ですが、そのほかにも意識すべき点がいろいろとあります。
例えば以下のような点です。

・タイトルやディスクリプション・見出し・本文にキーワードを入れること
記事に設定されたキーワードが随所にあると、そのキーワードを検索するユーザーも検索エンジンも、記事の内容把握が容易です。

・タイトルの文字数
検索結果に表示される文字数には限界があります(29文字前後)。
文字数のリミットを意識したキャッチーなタイトル作りが大切です。

・本文に共起語を入れること
「共起語」とは、「キーワードとの関連が高く一緒に頻出することが多い語」です(例:「京都」がキーワードなら「寺」「観光」など)。
共起語を随所に入れ込むことで、検索エンジンが文章を理解しやすくなります。

・読者の理解を促す画像の挿入
画像はときに文字よりも多くを語ります。
現在読んでいる内容に関係が深い画像を挿入すると、ユーザーの理解が進みます。

2.ハイレベルWebライターになるための5つの勉強方法

ここまで見てきたように、Webライターが勉強すべき項目はさまざまあります。
これらすべての項目をしっかり勉強して実践すれば、実力は相応にアップするはずです。

では、具体的にどのような勉強方法を利用できるでしょうか?
ここからはハイレベルWebライターになるための5つの勉強方法をご紹介します。

  • Webライティングのプロの本を熟読する
  • サイトを活用する
  • 動画チャンネルを視聴する
  • セミナーを受講する
  • ライティングを実践する

2-1.Webライティングのプロの本を熟読する

2-1.Webライティングのプロの本を熟読する
1つ目は「Webライティングのプロの本を熟読すること」です。

Webライティングについて専門的に解説した書籍を読むと、さまざまな文章テクニックについて学べます。
文章テクニックについて書いた書籍は数多くあるため、気に入ったものを簡単に見つけられるでしょう。

書籍を選ぶ際には、その道のプロとして有名な著者の書籍を購入するようおすすめします。
実績が豊富な著者の書籍であれば、万人向けしやすい文章のイロハを学べるからです。

おすすめの書籍をいくつかご紹介します。

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
これからWebライターとしての勉強を始める未経験者にやさしい1冊です。
書き方の説明とともに、例文や練習問題が盛り込まれているため、Webライティングの基本をしっかり身につけられます。

著者の一人である福田多美子氏は、Webコンテンツや企業メールマガジンの企画・設計・制作などを手がける「株式会社グリーゼ」の取締役であり、「全日本SEO協会」の認定SEOコンサルタントとしても活躍しています。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

ストーリーを用いてWebライティングについて説明する実用入門書です。
漫画テイストであるため、初心者の方にも理解しやすいでしょう。

著者の「松尾茂起氏」は、SEOや記事コンテンツ制作などを手がけるWebマーケティングカンパニー「ウェブライダー」の代表です。

2-2.サイトを活用する

2つ目は「サイトを活用すること」です。

ネット上には、Webライティングについて扱ったサイトが山ほど見つかります。
そのようなサイトの情報を比較しながら情報をインプットするのも、良い勉強方法の一つです。

その際にも、Webライティングについて権威があるサイトを参考にしましょう。
どこの誰が書いたのかわからないサイトよりも、記事作成会社やSEO会社など、信頼できるサイトの方がより正確な内容を扱っているからです。

いろいろ調べていくと、特に参考になるサイトがいくつか見つかるでしょう。

注意点として、1つのサイトだけ参考にするより、複数のサイトを比較していくことをおすすめします。

SEOに関しては、サイトによって説明の仕方に多少の違いが見られることもあるからです。
複数のサイトを比較すると説明が補完され、より理解が進みます。

また、検索エンジンのアルゴリズムについて情報がしばしば変わることがありますが、複数のサイトを見ることで更新遅れによる情報の誤認識を防げます。

おすすめのサイト例をご紹介します。
記事作成代行Pro
弊社「BRIDGEA」が運営するサイトです。
SEO情報に加えて、検索エンジンやユーザーから評価されやすいWebライティングのポイントを数多く解説しています。
SEОラボ
SEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営するサイトです。
実験やデータ分析などを基にした詳細な内容や、わかりやすいイラストが勉強に役立ちます。

2-3.動画チャンネルを視聴する

2-3.動画チャンネルを視聴する
3つ目は「動画チャンネルを視聴すること」です。

YouTubeをはじめ動画チャンネルでも、Webライティングの極意について説明する動画がたくさんあります。
SEOに関する情報も豊富です。

解説者の声を聞きながら学ぶことで、大切なポイントを一層理解しやすくなります。
書籍やサイトでの勉強と組み合わせて動画を視聴すると、より効果的でしょう。

おすすめ動画チャンネル例をご紹介します。
ミエルカチャンネル
Webマーケティング会社「Faber Company」が運営するチャンネルです。
SEOノウハウや「刺さるライティング」「文章を速く書くコツ」など、役立つ内容が目白押しです。
マナブ
ブログやアフィリエイト・プログラミングなどについて発信するチャンネルです。
「稼ぐための文章力」「わかりやすい文章書き方講座」など、わかりやすい解説が人気です。

2-4. Webライティング講座を受講する

4つ目は「Webライティング講座を受講すること」です。

現役ライターやWebライティングのプロなどから直接テクニックやコツを学ぶことで、執筆時に意識すべき点が明確になります。

有料のセミナーであれば、お金が発生する分、仕事へのモチベーションが高まりやすいでしょう。
おすすめのセミナーをいくつかご紹介します。
YOSCA
記事作成代行会社「株式会社YOSCA」が運営する講座で、Webライティングの基礎を徹底的に磨けます。
プロのスタッフによる5回の課題添削を受けられるため、客観的に自身のスキルを把握できます。

LINEを使って質問できるなど、フォロー体制も万全です。
90分のオンライン講義(全10回・2ヶ月半)で、講座費用は税込4万9,800~29万9,800円です。
Writing Hacks
「株式会社スキルハックス」が運営する講座です。
SEO記事執筆やディレクションのプロなどが講師をつとめており、基本のライティング・SEO・取材記事など幅広い内容をマスターできます。

77本の動画と無制限の質問サポートがつき、講座費用は税込6万9,800円です。

2-5.ライティングを実践する

2-5.ライティングを実践する
5つ目は「ライティングを実践すること」です。

書籍やサイトなどさまざまなメディアで勉強することも重要ですが、学んだことを実践することも同じくらい大切です。

どれだけ理論やコツを勉強しても、実践できなければ意味がありません。
それではただの「机上の空論」になってしまいます。

Webライティングについて読んだり見たりすると、「できた」気になりますが、本当に自分のスキルとして身につけるには実践練習は外せません。

ワンポイントとして、可能なら実践は関心や知見があるテーマで始めると良いです。
ある程度知識があるテーマだと書きやすいからです。

ただし記事作成代行会社でWebライターとして働く場合など、案件を自分のさじ加減で選べないこともあります。
その場合は、代行会社に役立つ情報がないか指示を仰ぐなど、工夫できます。

3.勉強と実践が同時にできる!「BRIDGEA」のWebライターがおすすめ

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「Webライティングの勉強と実践を、コストをかけずに行いたい方」、弊社「BRIDGEA」で執筆してみませんか?

BRIDGEA」では未経験者の方を含め、Webライターとして稼働できる方を募集しております。

未経験者の方には、Webライティングの基礎と応用を丁寧に指導するとともに、ミーティングやマニュアルを通して勉強する機会を提供いたします。
また編集側から実際の案件をアサインするため、インプットとアウトプットを同時に、しかもコストなく行えるところが魅力です。

有料の講座だと数万・数十万とかかることがありますが、「BRIDGEA」では働きながら学べます。
勉強と実践を積むほどWebライターとして成長でき、いずれは高単価案件を多く獲得していけるでしょう。

以下の募集ページをご覧になり、ぜひお気軽にご応募ください。

参照:在宅Webライター募集ページ

4.まとめ

Webライターは、初心者をはじめ常にWebライティングのテクニックやSEOについて勉強を続けなければなりません。

学ぶべき内容は多岐にわたりますが、まずは必須項目として、ご紹介した以下の5つの項目を勉強してみてください。

  • ユーザーニーズを読み解く方法
  • 情報収集のやり方
  • 論理的な記事構成を作る方法
  • さらっと読めて役立つ文章を書く方法
  • SEOノウハウ

Webライティングの勉強にいそしみ、すぐに実践に活かすことを繰り返せば、安定した収入を得られるWebライターへと成長できます。

関連記事

  1. Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

    Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

  2. リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?

    リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?…

  3. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

  4. 「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

    「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

  5. Webライティングにおける文字数の重要性|記事の質にも影響!?

  6. Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

    Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説