Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!

「未経験で特別なスキルがなくても始めやすい」といわれるWebライターの仕事は、適性の有無を心配する方も少なくありません。
そこで、この記事ではWebライターの適性が高い方の特徴とスキルを磨くためのポイントをわかりやすく解説します。

結論からいえば、適性は仕事のとりやすさや稼ぎやすさに影響することがあります。
しかし、それ以上に重要なことは正しい方法でWebライティングを学び、スキルアップすることです。

この記事では、未経験からWebライターを目指す方に向けて、適性の有無や稼ぎ方について解説します。

1.Webライターの適性診断・向いている6つのタイプ

Webライターは、特別な資格は必要なく、未経験でも始めやすいといわれています。
自分には向いているのかわからないと悩んでいる方は、まずは今から紹介する6つの項目が当てはまっているかどうかチェックしてください。

1-1.文章の読み書きが好き

1-1.文章の読み書きが好き
Webライターとは、簡単にいうとWeb上に文章を書く仕事です。

仕事に慣れてくると、1日10,000文字程度を執筆することもあるでしょう。
文字数にもよりますが、1記事を書くのは体力が必要になります。

さらに書くだけではなく、Webライターは記事を執筆する際にリサーチのため、多くの上位記事を読むことになります。
自分の文章力を向上させるためにも、競合サイトの記事や書籍を読んで勉強することが必要になるでしょう。

日々大量の文章を書き、様々な記事を読むことになるため、文章の読み書きが好きな方に向いているといえます。

1-2.丁寧に作業できる

Webライターの仕事をする際、クライアントからのレギュレーションに従って記事を執筆する必要があります。

記事を納品する前に、必ずレギュレーションで決められた内容に従っているかを、1つ1つ丁寧に確認することが大切です。
丁寧に作業ができていると、クライアントからの信頼も高まっていくでしょう。

誤字・脱字など、基本的なミスはしないよう注意が必要です。
対策としてチェックツールの使用や、最低2回は文章を見直すなどしましょう。

1-3.消費者の気持ちを理解できる

1-3.消費者の気持ちを理解できる
Webライターが文章を執筆するうえで重要なことは、読者の気持ちにうったえることです。
読者の感情を動かす記事を書くことで、クライアントの商品やサービスの魅力が伝わり、商品やサービスの購入につながります。

読者の気持ちに寄り添うことができる方は、Webライターとして大きな強みがあるといえるでしょう。

1-4.向上心がある

「Webライターになって手に職をつけたい」「Webライターで独立したい」
このようにWebライターとして今後どのように活躍したいか、常に目標を持つことが大切です。

Webライターは、特別な資格がなくても仕事を受注できます。
しかし、学ぶ姿勢や努力を怠ってしまうと記事の質が一向に上がらず、単価も上がらないといった状態になってしまうでしょう。

Webライターとして稼ぎたいと考えている方は、学ぶことや努力を忘れずにいることが大事です。

1-5.好奇心が旺盛である

1-5.好奇心が旺盛である
Webライターの仕事内容として、自分が体験したことのないサービスや企業についての紹介や解説をしなければならないことが多くあります。
さまざまなことに幅広く興味を持てる方のほうが、適性があるといるでしょう。

また、Webライターはスマホではなく、パソコンで作業することがほとんどです。
パソコンの基本操作ができ、使用したことのないツールなどを難なく使いこなせる方のほうが、Webライターの仕事に適性があるといえるでしょう。

1-6.オンラインでの仕事を苦にしない

Webライターは基本的に、1人で自宅やカフェなどで仕事をしています。

記事の確認作業や納品の際には、クライアントに対して連絡をする必要があります。
対面ではないからこそ、電話やオンラインで的確なコミュニケーションが取れることが重要になるでしょう。

2.適性ありと誤解しやすい!?Webライターの仕事の注意点

Webライターの仕事をするうえで、勘違いしてはいけないことや注意点についてご紹介します。
これらを守らないとWebライターとして稼ぐことは難しくなるため、注意しましょう。

2-1.作家や記者のような文章力は求められていない

2-1.作家や記者のような文章力は求められていない
Webライターには、ターゲットの読者に伝わる文章が求められています。
小説のような感動を誘う言い回しや、新聞記事のようなかしこまりすぎた文章は必要とされていません。

文章に強いこだわりをもっている場合、逆効果になってしまうこともあります。
小学生が読んでも理解できるような、分かりやすい文章を書くことを意識しましょう。

2-2.クライアントや依頼主の方向性に合わせなくてはならない

Webライティングの仕事を受注する際に優先されるのは、クライアントの顧客層に合った文章です。
また、クライアントがイメージしている文章のトンマナもあります。

ライター自身が「よい」と思った文章がクライアントからの要望に添わないときには、クライアント側の要望が優先されることが多いでしょう。
臨機応変に対応することが必要になります。

2-3.納期を守らなくてはならない

2-3.納期を守らなくてはならない

自由な仕事に憧れてWebライターになりたいと思う方は多いでしょう。
そのうえで押さえておきたいのが、納期の厳守です。
納期が守れない場合は、クライアントからの信頼がなくなり、継続的な仕事の受注ができなくなります。

「適性」の有無にかかわらず、最低限のルールが守れない方は、Webライターとして稼げないでしょう。

3.適性より重要!信頼されるWebライターになるためのポイント

Webライターの適性が高い方の特徴がわかったところで、次にWebライターにとって重要なスキルついてご紹介します。
スキルを磨くことで、向いていないと感じる方の不安も取り除けるでしょう。

3-1.Webライティング力を身につける

Webライティングには3つの要素があります。

  • 基本的な文章力
  • SEOライティング(キーワードを意識した書き方や競合対策など)
  • コピーライティング力(キャッチーなタイトルや見出しをつける力)

これらをバランスよく伸ばすことが、よいライターの条件といえます。

学ぶ方法は、競合サイトの記事を読んだり、書籍で勉強したりするのがおすすめです。
YouTubeでも分かりやすく解説されているものが多くあるため、活用し執筆に役立てましょう。

3-2.円滑なコミュニケーションを意識する

3-2.円滑なコミュニケーションを意識する

クライアントとストレスなく円滑に仕事を進めるためには、常に相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

例えば、

  • 要件を箇条書きにして分かりやすく伝える
  • 迷惑になる時間帯に連絡することは避ける(深夜など)

このように、クライアントにストレスを感じさせない対応が必要になります。

3-3.スケジュール管理を徹底する

案件をたくさん抱え管理ができていないと、納期が間に合わないといったトラブルが起こる可能性があります。
対策として、ライター専用のスケジュール帳の作成や、リマインダー設定を行いましょう。

自己管理を徹底することで、月にどのくらい自分は執筆できるのかを把握することもできます。

4.Webライターの適性を磨いて稼ぎたい方はブリジアへ!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
これからWebライターを目指したい方。
Webライターの適性を磨いて、稼ぎたいと思っている方。

弊社「BRIDGEA」で、Webライターとして適性を磨きスキルアップしませんか?
弊社では、未経験の方も積極的に募集中です。

Webライティングの基礎・応用まで幅広く指導してもらえる環境が整っております。
営業をする必要もありませんので、その分記事の執筆に時間を費やせます。

ぜひお気軽に「BRIDGEA」までご連絡ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

5.まとめ

Webライターの適性が高い方の特徴と、スキルを磨くためのポイントをご紹介しました。

Webライターは特別な資格や経験がなくても、仕事を受注することはできるでしょう。
しかし、Webライティング力を身につけることや、クライアントの要望に臨機応変に対応する必要があるなど、重要なことはたくさんあります。
そのため、Webライターとして稼ぐには常に学ぶ姿勢でいることが大切です。

少しずつスキルを磨きながら1人前のWebライターを目指しましょう。

関連記事

  1. 初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

    初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

  2. 【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

    【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

  3. 【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

    【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

  4. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

  5. 作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

    作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

  6. 記事作成は代行業者がおすすめ!満足いく業者の選び方