Webライターの練習ステップ|積み重ねが高スキルライターへ!

Webライターの練習ステップ|積み重ねが高スキルライターへ!

Webライターとしてのスキルや収入に満足できていない方や不安を感じている方は、効果的な練習により突破口を見いだせるかもしれません。
執筆スキルが上達すれば、高品質な記事をスピード感をもって安定的に納品できるようになります。
目標の収入額への到達も難しくはなくなるでしょう。

この記事では、以下の点にフォーカスして役立つポイントを解説します。

  • 初心者Webライターが執筆の練習をすべき理由
  • 良質な文章の5つの特徴
  • 執筆スキルを上げる練習ステップ

練習に役立つ教材やサービスもご紹介しますので、ぜひスキルアップの参考にしてください。

1.練習すればWebライターは稼げるようになる?

結論からいうと、Webライターとしてのスキルや収入が伸ばせるかどうかは練習次第です。

一所懸命にWebライティングについて学習し、学んだことを地道にアウトプットすれば、自然と稼げるようになります。

1-1.高品質な記事は引く手あまた

1-1.高品質な記事は引く手あまた
Webライターと呼ばれる方は大勢いますが、すべてのWebライターが良質な文章を書くわけではありません。

ほかのサイトの文章を真似ただけに思える文章を書くWebライターもいれば、独自性があり深掘りされた文章を書くWebライターもいます。

高品質な記事を書くと、記事を読むユーザーからも記事(Webページ)を検索結果に表示させる検索エンジンからも良い評価を受け、上位表示を達成できます。

そのようなWebライターは、Web業界の人手不足も手伝って、仕事をセーブしなくてはならないほどたくさん仕事の依頼が来ている場合が少なくありません。

一方Webライティングの練習が不足しているWebライターの場合、低品質の記事しか書けないため、「継続して案件を獲得できない」「低単価案件しかとれない」などの壁にぶつかります。

このように、稼げるかどうかは記事のクオリティーによる場合が少なくありません。

記事のクオリティーは、往々にして効果的な練習により向上させられるのです。

1-2.スキルが高くなると執筆スピードが上がる

1-2.スキルが高くなると執筆スピードが上がる
「作業効率」や「執筆スピード」などのスキルによっても稼ぎやすさが変わります。

前述のようにWebライティングの効果的な練習を続けるなら、良質な記事を書く力が身につき、効率よく記事を仕上げられるようになります。

例えば練習によりリサーチスキルが上がれば、執筆に必要な情報を短時間で集められるでしょう。
また執筆スピードが上がれば、1時間で書ける文字数が多くなり、早く仕上がります。

もちろん丁寧な執筆が前提ですが、スピードアップに成功するなら同じ時間でこなせる案件量が増え収入もアップします。

2.練習によって習得したい「良質な記事」の特徴とは?

「良質な記事」を書くスキルは、もともとのセンス次第ではなく練習することで上達します。

最初は「読みやすい文章」「伝わる文章」が書けなくても、練習次第でユーザーが「読みたい」と思う文章を書けるようになります。

「良質な記事」とは、具体的にどのような文章でしょうか。

良質な記事には少なくとも以下の5つの特徴があります。

  • 検索意図が満たされる文章
  • すぐに結論がわかる文章
  • 流し読みして理解できる文章
  • 目次や見出しだけで内容がイメージできる文章
  • ユーザーに行動をうながす文章

2-1.検索意図が満たされる文章

1つ目の特徴は「検索意図が満たされる文章」です。

検索意図」について簡潔に復習しておくと、これは「ユーザーがキーワードを検索した理由」です。

ユーザーは何かの情報を知りたくてGoogleなどで検索を行います。
そして当然ながら検索結果で探すのは、求めている情報をしっかり網羅した記事です。

ではもし、クリックした記事の中に探している情報が見つからなければどうなるでしょうか?
すぐにそのサイトから離れて、別の記事を探そうとするでしょう。

そうなれば、記事で紹介している商材をPRするどころか、運営会社もサイト名も認知されないでしょう。

一方、検索意図をしっかりとらえて書かれた記事だと、ユーザーは「そうそう、この点を知りたかった!」と感じてサイト内に留まってくれます。
サイトへの信頼が生まれてリピートしてくれたり、訴求している商材に興味を持ってくれたりするでしょう。

そうなればブランディングやコンバージョンが達成でき、クライアントを喜ばせることができます。
ひいては案件の継続的な受注や単価アップにつながります。

2-2.すぐに結論がわかる文章

2つ目の特徴は「すぐに結論がわかる文章」です。

ユーザーは気になっていることをできるだけ早く知りたいものです。

検索結果から気になるWebページをクリックし、「どこに情報があるだろう?」と導入文や目次を見ます。
記事全体を見ることもあれば、見出しだけ見ることもあるでしょう。
いずれにしても、結論を真っ先に探します。

良質な記事を書くWebライターはそのようなユーザー心理を熟知しており、結論ファーストで文章を書きます。

くどくどと説明して最後にようやく結論を述べるのではなく、「○○とは○○のことです」「○○をするには○○を行いましょう!」など、ズバッと答えを出すのがカギです。

2-3.流し読みして理解できる文章

3つ目の特徴は「流し読みして理解できる文章」です。

もし記事の内容が複雑で、何度も読み返さないと理解できないようであれば、それは良質な記事ではありません。

理想は、「さらっと読んで腑に落ちる記事」です。

サイトにアクセスしてくれるユーザーがみな、最初から最後までじっくり読み通してくれるとは期待できません。
多くのユーザーは流し読み、ないしは斜め読みするものです。

そのため、できるだけシンプルな言葉遣いを心がけ、文体もすっきりわかりやすいものにしましょう。

1回さらっと読んで記事の大半を理解できるような記事は、ユーザーに好まれます。
※もちろんテーマが難解なものである場合は、そこまで気にする必要はありません。

2-4.目次や見出しだけで内容がイメージできる文章

4つ目の特徴は「目次や見出しだけで内容がイメージできる文章」です。

良質な記事では、見出しのフレーズが簡潔にまとめられており、本文を読まなくても内容をある程度イメージすることが可能です。

そのおかげでユーザーは、記事の中に自分の探している情報を見つけられそうか判断できます。
また本文を読む前に内容の一部が頭に入るため、本文の理解も早いでしょう。

結果としてユーザーの満足度が上がり、ページからの離脱も防げます。

2-5.ユーザーに行動をうながす文章

5つ目の特徴は「ユーザーに行動をうながす文章」です。

良質な記事はユーザーのかかえる悩みや疑問に対して、単に「こういう悩みがある原因は○○です」「この問題を放置すると○○になってしまいます」などの説明を羅列するだけではありません。

問題を解消したり状況を改善したりするための具体的な提案を提示します。

例えば、「転職 30代 難しい」というキーワードがあるとします。

この場合、30代で転職をする難易度がどれくらいか説明するだけだと、ユーザーの疑問に対して直接的な答えは与えることはできても、アクションをうながすことはできないでしょう。

そのユーザーは恐らく30代で、「転職したいけど難しいのかな?転職を成功させる方法はないかな?」と考えているはずです。

そうであれば、転職を成功させるための準備やおすすめサービスを紹介するなど、何らかのアクションにつながる内容にするのが親切です。

良質な記事はこのように、ユーザーのその後の意思決定に寄与する情報を提供します。

これはユーザーのためだけでなく、商材をPRしたいクライアントの利益にもつながることです。

3.初心者Webライターにおすすめの練習ステップ

良質な記事の特徴がわかったところで、今度は良質な記事を書くための練習ステップについて解説します。
以下の4つのステップを踏んで、記事のクオリティーアップを目指しましょう。

  • 基本的な文章テクニックを勉強する
  • 上位記事を参考に「仮記事」を作ってみる
  • 添削サービスを活用する
  • 積極的に案件を受注する

3-1.基本的な文章テクニックを勉強する

3-1.基本的な文章テクニックを勉強する
最初のステップは「基本的な文章テクニックを勉強すること」です。

文章の執筆はひとつの「技術」です。
説得力がありかつ明快な文章を書くことは、誰もが簡単にできることではありません。

ゼロから記事作りをするのは、「職人技」といっても過言ではないほど難しいことがあるのです。

また、ネット上に公開される記事は不特定多数のユーザーが読むものであり、ユーザーの理解力はまちまちです。
そのため文章テクニックを広く深く学んで、できるだけ多くのユーザーに理解しやすい文章を書く必要があります。

学べるテクニックはさまざまですが、以下はその一例です。

■5W1Hを取り入れた文章
以下の5つの「W」と1つの「H」を文章に盛り込むことで、説明や提案が具体性を持ち、文章は読みやすくなります。

5つの「W」:「Where(どこ)」「What(何)」「Who(だれ)」「When(いつ)」「Why(なぜ)」
1つの「H」:「How(どのように)」

■文章のフレームワーク
読みやすい文章には、「PREP法」に代表されるような一定の「フレームワーク(型)」があります。
※「PREP法」は、「結論→理由→例→結論」の順に説明をするフレームワーク。

■ターゲットを意識した方向性
特定のユーザー層(性別・年齢層・職業・家庭環境など)を想定して、その層をターゲットに文章を書きます。
漠然としたターゲットを対象に書くよりも、より軸の定まった記事構成になります。

■統一感のある文体
文章全体が同じトーンの文体だと、違和感のないきれいな日本語になります。
「です・ます調」「呼び掛け表現を駆使した文」「硬めの表現」「くだけた表現」などさまざまなトーンがありますが、いずれにしても一貫した文体を使いましょう。

■シンプルな言葉遣い
冗長表現や日常生活であまり使わない言葉は避け、平易な文章を心がけましょう。

3-2.上位記事を参考に「仮記事」を作ってみる

3-2.上位記事を参考に「仮記事」を作ってみる
文章テクニックを学んだら、次のステップは「上位記事を参考に仮記事を作ってみること」です。

検索エンジン上位に表示される記事はユーザーからもGoogleからも評価されている良質な記事です。

それらの「模範的な記事」を参考にしましょう。

書きやすそうなキーワードを選んで検索をかけ、上位5~10記事をチェックします。
それぞれの記事にアクセスし、どのような記事構成で、どのような情報が提供されているかを見てください。

※「見出し(hタグ)抽出」ツールを使うと、上位10記事の見出しを簡単に抽出できます。

参照:見出し(hタグ)抽出

上位記事の内容を大まかに把握できたら、練習で「仮記事」を作ってみます。
タイトルや見出しを作って記事の骨格を作り、導入文や各見出しの本文などで肉付けしていきましょう。

最初は上位記事の模写のようになってしまうかもしれませんが、自分なりに表現や文体を変えてみたり、上位サイトにはない情報を入れてみたりすると良いでしょう。

2,000~3,000文字ほどの短めの記事でもOKです。
前述のステップで学んだ文章テクニックも意識しながら書き、インプット(学習)とアウトプット(実践)を繰り返します。

3-3.添削サービスを活用する

続くステップは「添削サービスを活用すること」です。

仮記事をいくつか作って執筆の感覚をつかめたら、文章のプロに添削してもらいましょう。
「自分では良い記事を書けたと思っていても、ほかの人から見たらわかりにくい箇所がいろいろある」のはよくあることです。

プロの目から客観的に文章を見てもらい、アクセス数を高めるコツや訴求力の高い文章を書くポイントなどを指南してもらうと、スキルアップに役立ちます。

添削サービスをいくつかご紹介します。
セールスライターkronekoが行う添削サービス
セールスライター育成ブログを運営するフリーランスWebライター「kroneko」さんの添削サービス

人を動かす文章添削サービス:読ませる文章にします
文章添削・作成サービスを10年以上提供するWebライターが、文章のクオリティーをアップしてくれるサービス

3-4.積極的に案件を受注する

3-4.積極的に案件を受注する
最後のステップは「積極的に案件を受注すること」です。

練習をかさねてWebライティングの基本や応用テクニックが身についてきたと感じたら、執筆の仕事を増やしましょう。

ここまでの練習を糧に、一から始めるつもりで案件にどんどん応募してください。

実際の仕事も「練習の一部」ととらえましょう。
クライアントからのフィードバックがある場合は、指摘された内容を「学習材料」と考えて吸収します。

最初のステップである「文章テクニックの習得」も続けつつ積極的に案件数を増やしていけば、高単価案件を獲得するだけの実績や実力が徐々に育まれるでしょう。

4.【練習のお供に】Webライティングスキルを高める教材やサービス

Webライティングについて学習する上で役立つ教材やサービスはいろいろあります。
おすすめの教材・サービスを5つご紹介します。

4-1.売上アップのコツを凝縮!「ポチらせる文章術」

ポチらせる文章術のAmazon販売サイト

参照:「ポチらせる文章術(Amazon)

ポチらせる文章術」は、読み手の関心をひく技術を教えてくれる書籍です。

90分ほどで読めるにもかかわらず、文章で商品やサービスを売るためのヒントを広く深く学べます。

著者の大橋一慶氏は、総計100億円以上の売上に貢献した実績を持ち、セールスコピーの技術を教えるオンラインサロンも運営する有名セールスコピーライターです。

4-2.伝わる文章の型をマスター!「説明組み立て図鑑」

「説明組み立て図鑑」のAmazon販売サイト

参照:「あてはめるだけで“すぐ”伝わる説明組み立て図鑑(Amazon)

説明組み立て図鑑」は、説明文の型を学ぶのに適した一冊です。

「理解してもらうための型」「相手に行動してもらうための型」「買ってもらうための型」など、効果的な説明のさまざまな型を習得できます。

著者の犬塚壮志氏は、多くの中小企業や大企業で説明スキルをレクチャーするコンサルタントです。

4-3.クライアント目線を意識したWebライターになれる!「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」

Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ

参照:「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ(Amazon)

Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」は、稼ぐWebライターになるためのキーポイントを学べる書籍です。

細かなテクニックではなく、クライアントの目線から一流のWebライターになるコツを扱っています。

著者の沖ケイタ氏は、ブログで数千万円の売上実績を持つプロライターであるほか、自らも多くのWebライターに仕事を発注するなどクライアントとしての実績も持ちます。

4-4.目的別Webライティングも学べる!「SEO対策のための Webライティング実践講座」

SEO対策のためのWebライティング実践講座(Amazon)

参照:「SEО対策のためのWebライティング実践講座(Amazon)

SEO対策のための Webライティング実践講座」は、満足度89.5%をほこるセミナーを書籍化した一冊。

検索結果での上位表示に不可欠なSEO対策をベースに、効果的なWebライティングの実践方法を説明しています。
Webサイト上で全256ページが無料公開されているのもうれしい点です。

著者の鈴木良治氏は、Webサイト制作・運用やSEO対策のプロフェッショナルです。

4-5.練習の実力試しもできる!「WEBライティング技能検定講座」

WEBライティング技能検定講座

参照:「WEBライティング技能検定講座

WEBライティング技能検定講座」は「一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会」が主催する講座。

クラウドソーシングで成功するための文章作成テクニックやビジネスマナーなどを習得できます。
検定試験に合格すると「WEBライティング実務士」として認定され、ランサーズやサグーワークスなどのクラウドソーシングで特典を受けられます。

5.初心者Webライター必見!「株式会社BRIDGEA」で執筆の練習&実践をしませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「Webライターデビューをしたけどなかなか稼げない…」とお悩みの方。

株式会社BRIDGEA」で、Webライティングを練習しながら仕事してみませんか?

弊社は記事作成代行会社として、多くのクライアントから執筆依頼を受けております。
弊社に在籍されるWebライターの方には、記事作りやSEO対策のテクニックを指導しつつ、仕事をアサインいたします。

指導と実際の仕事を通して実践練習を積んでいただけるため、スキルアップと収入アップを目指す方は、ぜひ弊社をご活用ください。

より詳しい情報は、以下のWebライター募集ページをご参照ください。
参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

Webライティングスキルは単なるセンスではなく、定期的な学習と練習によって身につくものです。

この記事で解説した「良質な記事の特徴」を意識しつつ、「スキルを磨くための練習ステップ」を実践してみてください。

ご紹介した書籍やサービスも活用しつつ、インプット&アウトプットを繰り返しましょう。

最初から思い通りの収入を得られなくても、練習した分だけ着実なスキルアップを達成できるでしょう。

関連記事

  1. Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

    Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

  2. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  3. Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

    Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

  4. 主婦でもWebライターで収入を得られる?始め方・メリット・デメリット

    主婦でもWebライターで収入を得られる?始め方・メリット・デメリット

  5. 求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

    求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

  6. 「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

    「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは