【初心者向け】Webライティングの始め方~稼ぐ方法を解説

Webライティング初心者には、仕事の始め方やスキルアップするための方法など、いろいろ学ぶべきことがたくさんあります。

最初の準備や心構えをしっかり整えておくと、スムーズにWebライティングを始めやすいでしょう。

そこでこの記事では、初心者向けに以下の点を解説していきます。

  • Webライティングに必要なものと始め方
  • Webライティングの仕事で稼ぐための13ポイント
  • Webライティングを続けるメリット

最後に、Webライターとして成長するためのおすすめの働き方もご紹介します。
早く初心者を脱したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.初心者必見!Webライティングの始め方

Webライター初心者が効率的な仕事をするためには、まずWebライティングの全体像を理解することが重要です。

そこで最初に、Webライティングの意味と仕事の流れをまとめ、始め方について解説したいと思います。

1-1.Webライティングとは

1-1.Webライティングとは
Webライティング」とは簡単にいえば、「インターネット上で公開する記事コンテンツを執筆する仕事」です。

具体的には、企業サイトや個人サイトのブログ記事を書いたり、ニュース記事やまとめ記事・取材記事を書いたりします。

今みなさんが読んでいるこの記事も、Webライティングの一環です。

1-2.Webライティングの仕事の基本ステップ

1-2.Webライティングの仕事の基本ステップ
続いてWebライティングの仕事を始める流れをご紹介します。
最初の準備からWebライターとして安定するまでの流れをステップで解説しますので、参考にしてください。

なお特にここでは解説しませんが、WebライティングやSEO対策の勉強は常に行いましょう。
※「SEO対策」とは「検索エンジン最適化」のこと。Googleをはじめとする検索エンジンのSERP(検索結果ページ)で、記事を上位表示させるための施策を行うことを意味します。

初心者は特にですが、仕事に慣れた後も学習を続けることが成長のカギです。

1-2-1.作業に必要なものをそろえる

最初のステップは、作業に必要な環境や道具をそろえることです。
以下のものは必ず用意しましょう。

  • PC(ブラウジングや文字入力ができることが条件)
  • インターネット
  • 落ち着いて仕事できるスペース

以下の記事では、必要なものについてより詳しく解説しています。

参照:Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

アイキャッチ画像

1-2-2.クラウドソーシングや記事作成代行会社に登録する

続くステップは、Webライティングの仕事を受注できるサービスへの登録(在籍)です。

Webライティングの仕事を見つけるには、主に以下の3つの方法があります。

  1. Webライターを募集している企業への就職
  2. クラウドソーシングでの受注
  3. 記事作成代行会社からの仕事のアサイン(割り当て)

1番は就職先企業の従業員として、2番と3番ではフリーランスとして活動することになります。

この記事は主に、フリーランスWebライターになりたい方を対象に解説しています。

1-2-3.仕事に応募・受注する

仕事を見つける場所(プラットフォーム)が決まったら、仕事に応募・受注します。

クラウドソーシングなら、案件一覧の中から気になる案件に応募します。
記事作成代行会社なら、会社からアサインされる案件に取り組みましょう。

1-2-4.良質な記事を書いて実績を積む

仕事を受注したら、良質な記事をたくさん書いて、クライアント(記事を発注する大元)からの高評価をもらえるよう努めましょう。
※「良質な記事」とはざっくりいえば、ユーザーにとって有益で読みやすく信頼できる記事です。

クライアントからの高い評価が多くなるにつれ、Webライターとしての実績が積まれ、条件のよい案件を獲得できるチャンスが広がります。

2.Webライティング初心者が継続的に稼ぐための13ポイント

ここからは、Webライティングの初心者が継続的に稼げる実力をつけるための方法をご紹介します。

13のポイントを以下の3パターンに分けて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 作業環境編
  • 仕事受注・営業編
  • 文章・SEO対策スキル編

2-1.【作業環境編】

2-1.【作業環境編】

最初に「作業環境」についてのポイントを3つご紹介します。

作業内容も大事ですが、仕事探しの場や作業空間・時間の管理も大切です。

2-1-1.プラットフォームをひとつに絞る

クラウドソーシングで受注する場合、いくつものプラットフォームに登録するのではなく、1つに絞るのが理想です。

各クラウドソーシングでは受注方法や報酬形態が若干異なるため、1つのプラットフォームに絞ると管理が楽です。

また同じプラットフォーム内で実績を積むことで評価が分散せず、クライアントからの信任も得やすいでしょう。
評価に応じてWebライターのランクがアップする場合は特に、1つのプラットフォームで集中して仕事する方がベターです。

2-1-2.作業に集中できるスペースを確保する

Webライティングは働く場所を選ばない仕事ですが、どこで作業するにしても集中できるスペースが必要です。

周りの音や人で気が散ってしまっては、作業効率が上がりません。
集中して仕事するのと、「心ここにあらず」の状態で仕事するのでは、仕上がる記事の質もかかる時間も大きく変わるでしょう。

家であれコワーキングスペースであれ、静かで整然とした場所を見つけてください。

2-1-3.時間を意識して作業をする

時間を意識して作業することも非常に大切です。

Webライティングは記事・文字単価で報酬が発生するケースが多いです。
同じ記事数や文字数の仕事なら、早く仕上がる方が実質報酬額も上がります。
※記事の質を落とさないことが前提です。

ポモドーロ・テクニックに代表されるような有効な時間の使い方を学び、生産性を上げましょう。
※「ポモドーロ・テクニック」とは「25分の作業と5分の休憩を1セットにして働く方法」。

2-2.【仕事受注・営業編】

2-2.【仕事受注・営業編】

続いて「仕事受注・営業」に関するポイントを5つご紹介します。

Webライティング業界には多くのライバルWebライターがいますが、その中にあって初心者が効率よく仕事を行うためのポイントを解説します。

2-2-1.最初はタスク案件がおすすめ(クラウドソーシングの場合)

初心者Webライターの場合、高単価の案件をこなすことはおろか、仕事を受注することすら簡単ではないでしょう。

そこで最初はタスク案件や低単価案件など、比較的受注しやすいものに挑戦してみましょう。
※「タスク案件」とは、アンケート回答や単発の執筆作業など手軽にこなせる案件。

報酬が低くても受注しやすければ、Webライティングの実践練習をする上で役立ちます。

ただし注意点として、いつまでも低単価の案件を受注していると稼げるようにならないため、「最初の1~2ヵ月」など期間を決めて行いましょう。

また低単価だからといって求められるレベルが低いとは限りません。
単価以上の仕事を要求されることもあるため、クライアントの実績や評判などを確認してから契約を結ぶようおすすめします。

2-2-2.プロフィールやポートフォリオを充実させる

クラウドソーシングでは、Webライターがプロフィールを編集できます。
少しでもクライアントの目に留まるよう、内容を充実させましょう。

例えばWebライティングの資格を取得したり、ブログサイトを開設してポートフォリオとして記載したりできるでしょう。

数多くの案件をこなして受注実績数や評価レーティングを上げれば、応募が通りやすくなるほか、クライアントから仕事の打診がくる可能性もあります。

2-2-3.「レスポンスは早め」を心がける

クライアントとの連絡はこまめにして、信頼できることをアピールしましょう。

できれば半日以内、遅くても24時間以内に返信するようおすすめします。

2-2-4.クライアントの要望やフィードバックを遵守する

クライアントのレギュレーション(ライティングに関する指示)は必ず守りましょう。
内容がよくてもレギュレーションを守れてなければ、クライアントからの信頼を失うばかりか、面倒な修正作業を求められるかもしれません。

また納品した記事に関してフィードバックがあり、妥当な修正依頼があるときは、速やかに応じましょう。
追加指示があれば、次回以降の執筆に反映させます。

常にクライアントの要望に応えていることをアピールできれば、継続して仕事を任せてもらいやすいはずです。

2-2-5.プラスαのスキルや作業に挑戦する

Webライティングの基本作業に慣れたら、こなせる作業の幅を広げてみてください。
できることが多くなれば、収入アップやより多くの案件獲得につながります。

例えばWordPressの使い方を学ぶと、WordPressへの直接入稿を条件とする案件に応募できます。
取材のノウハウを学べば、報酬が高めの取材記事をこなせるのも強みです。

向上心をもつWebライターは、概して高収入を達成しやすいといえます。

2-3.【文章・SEO対策スキル編】

2-3.【文章・SEO対策スキル編】
最後に「文章・SEO対策スキル」に関するポイントを5つ挙げましょう。

良質な文章を効率よく執筆できるようになりたい初心者は、ぜひ参考にしてください。

2-3-1.Googleが推奨する文章・SEO対策を意識して書く

Webライティングには、SEO対策が重視される案件が多くあります。

そのため、Googleが「良質な記事」とみなす記事の特徴について学び、そのエッセンスを執筆する記事に反映させましょう。

例えばGoogleは「ユーザーにとって役立ち信頼できるコンテンツ」を上位表示させる傾向にあります。
それゆえ、ユーザーの検索意図を徹底的に重視して記事を構成することは大きなポイントです。

2-3-2.Webライティング用ツールの使い方を学ぶ

Webライティングをサポートするツールを使うと、作業が効率的になります。

例えば「ラッコキーワード」を使うと、記事のキーワードに関するバリエーション豊かな情報(サジェストキーワードや共起語・上位サイトの見出し情報など)を一瞬で抽出できます。

手早く正確な作業をしたい方は、ぜひ早いうちからツールの使い方を学んでください。

便利なツールについては、以下の記事が参考になります。

参照:作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

2-3-3.リサーチと構成案作りに8割の時間を費やす

Webライティングの理想的な時間配分は、「リサーチや構成案作りが8割:執筆が2割」です。

執筆前にキーワードの関連情報を多く集め、記事の構成案を作るときに書く内容をおおかた決めておきましょう。

料理において材料の準備と下ごしらえが万端だと調理工程がスムーズなように、リサーチと構成案作りが万端だと、すらすら執筆しやすくなります。

2-3-4.上位サイトの記事構成や文章を参考にする

記事の内容を考えるときは、各キーワードの上位サイトを分析しましょう。

上位サイトの記事は、Googleが「良質」とみなしているものです。
そのため、ユーザーの検索意図や記事構成・説明の仕方など多くの面で参考になります。

2-3-5.フレームワークを習得する

文章作りには、「この流れで書くと論理的な文章になる」というフレームワーク(型)があります。

代表的なフレームワークに「PREP法」があります。
※「PREP法」は「結論→理由→具体例→結論」の順に文章を展開する方法。

フィーリングで書くのではなくフレームワークを使って書くと、執筆に慣れていない初心者でも「筆が進みやすい」です。

3.初心者は苦労が多い⁉それでもWebライティングがおすすめな理由

3.初心者は苦労が多い⁉それでもWebライティングがおすすめな理由

初心者のWebライターが高収入を得るのは簡単ではありません。
文章力が不足していたり作業効率が悪かったりするため、最初は月1万円稼ぐのに苦労することも珍しくないでしょう。

それでもWebライティングはおすすめの仕事です。
その理由を3つご紹介しましょう。

3-1.頑張りと収入が比例しやすい

フリーランスの場合、Webライティングで稼げる金額には、特に上限がありません。

案件をこなせばこなすほど、収入は多くなります。

たしかに、最初はわずかな収入を得るのにも苦労する可能性が高いでしょう。

しかし、こつこつWebライティングの学習を続けて実力アップすれば、高単価案件を獲得できる上に作業効率も上がり、名目的にも実質的にも収入アップを実現できます。

3-2.場所を選ばずに働ける

Webライティングはリモートワークが可能な仕事です。

自宅であれコワーキングスペースであれ、作業環境がそろえば場所を問わず働けます。
「お気に入りのカフェでリラックスしながら記事を書く」といった働き方も可能です。

通勤に時間をかけたくない方や、田舎や海外に住みたい方にもうってつけでしょう。

3-3.副業にも本業にもなる

基本的にWebライティングには仕事の拘束時間が発生しないため、副業にも本業にもなります(フリーランスの場合)。

毎日2・3時間しか稼働できない方でも、8時間がっつり稼働できる方でも問題なく働けるため、気軽に始められます。

「本業があるけどもう少し収入がほしい」
「スキマ時間で働ける仕事を始めたい」
「文章を書くのが好きなので、執筆で生計を立てたい」

このようなニーズをもつ方に向いています。

4.仕事しながら学びを深められる!「株式会社BRIDGEA」でWebライターになりませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
Webライティングをこれから始めようと思っているみなさま。

弊社「株式会社BRIDGEA」で、ご一緒にWebライティングの仕事を楽しみませんか?

弊社は記事作成代行会社としてさまざまなクライアントから案件を請け負い、在籍されるWebライターの方に仕事をアサインいたします。
クラウドソーシングとは異なり、Webライターの方が自身で仕事探しをする必要がないため、スムーズに仕事を始められます。

また初心者にはプロがWebライティングの基本と応用を丁寧に解説しますので、知識が限られていても安心です。

主婦の方も学生の方も歓迎いたします。
以下の募集ページをご覧の上、ぜひ積極的にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

5.まとめ

この記事では、初心者を対象にWebライティングのイロハを解説しました。

まずは作業環境をそろえ、仕事を受注するプラットフォームに登録し、積極的に案件をこなしましょう。

ご紹介した13ポイントを適用し、良質な記事を書く努力を続けてください。

同時に、WebライティングやSEO対策の学習を怠らず、常に役立つテクニックを取り入れましょう。

初心者だと最初は思ったように仕事できないこともありますが、継続してスキルアップの努力を重ねるなら、Webライティングのメリットを存分に味わえるでしょう。

関連記事

  1. 未経験者(バイト)も稼げる!Webライティングの基本知識と収入を公開

    未経験者(バイト)も稼げる!Webライティングの基本知識と収入を公開

  2. 【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

    【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

  3. Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

    Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

  4. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  5. 【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ⁉

    【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ!?

  6. Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説

    Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説