Webライティングとは何なのか?

Webライティングとは何なのか?
そもそも ”Webサイト” というものが誕生したのが1991年。
イギリス人のティム・バーナーズ=リー博士が世界で初めて公開し、その後の発展は言うまでもありませんね。

もちろん、Webが誕生したあとにWebライティングが登場し、「Webライティングとは」という定義はコレといったものが確立されていません。
言い換えれば、今も進化し続けているので、定義付けしてもすぐに新しいものが現れてきているのです。

そうはいっても、ある程度の定義に沿ってWebライティングが行われているのは事実。

また、「コピーライティング」という言葉は知っていますか?
同じライティングでも、コピーとWebで何か違いがあるのか、またその他に種類はあるのか、といった質問を受けることもあります。

そこで今回は、Webライティングとは?について、一般的に考えられている定義と、参考までにライティングの種類やそれぞれの特徴も合わせてご紹介いたします。

1、Webライティングとは?

 

先程も軽く触れましたが、Webライティングには正しい定義は確立されていません。

そのため、現状のWebライティングでは一般的に、
「Webライティングとは、作成したコンテンツをGoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させるための技術ではなく、あくまでもコンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術」

という、定義(バズ部より一部引用)をもとに作られています。

何のことだか分からない人のために、簡単な言い回しにしてみると、
「誰が見ても読みやすくて理解しやすいコンテンツ(記事)でありながら、そのコンテンツが検索エンジンで検索されたとき、できるだけ多くの人に読んでもらえるように、検索エンジンの検索ページで上位に表示してもらえるような工夫を施した文章を書く技術」

と、良質なコンテンツを作成することはもちろん、さらに検索エンジンで上位表示してもらえるようなテクニックがWebライティングには求められているのです。

Webライティングの物理的な特徴

ここまでWebライティングの定義を見てもらいましたが、それとは別の特徴として、Webサイト上で公開されるコンテンツは、表示される画面の大きに(PC、スマホ、タブレットなど)によって表示のされ方が異なることです。
文字が小さくなったり、文章の段落がおかしくなって読みづらくなったり、一目で全体の内容が見えなくなってしまいます。

また、紙媒体とWebでは読み手の感覚が変わり、普段から小説や雑誌などの文章を読んで活字に慣れている人でも、Webサイトの文章はサッと読み流す程度の人が多い傾向があります。

このようなことから、WebライティングではWebに合わせたライティングが求められるのです。

つまり、Web上では文字がどうしても読みづらく、文章の内容が伝わりにくくなるため、Webライティングでは読み手が短時間で読みやすく理解しやすい文章を作るテクニックが必要になります。

さらに、利用されるどの端末からでも一目で分かるように、中身を分かりやすく整理しておくことも重要になります。

これらは、あくまで「理想」です。まずは、Webライティングとは何か理解して、良質なコンテンツ(記事)を作っていくことから始めましょう。

2、Webライティングで知っておくべき3つのポイント

WEBライティングのチェックリスト

Webライティングでは、良質なコンテンツを作ることが求められますが、同時により多くの人に見てもらえるようにしなければ意味がありません。

そこで、良質なコンテンツ作成と、より多くの人にアクセスしてもらうために知っておくべき3つの基本ポイントをご紹介いたします。

良質なコンテンツの基本は「分かりやすいこと・役に立つこと・親しみやすいこと」

Webの世界には、数え切れないほどのコンテンツが存在しています。
その中で、良質なコンテンツを作成するには、丁寧なのはもちろん、専門用語や難しい表現や言い回しを避けて、出来るだけ短く分かりやすくまとめる必要があります。

次に、作成しているコンテンツが、読み手が求めている情報なのか意識しておくことも重要。検索エンジンのユーザーは目的があって検索して、Webサイトを訪れるものです。

基本的に、ユーザーはWebサイトを見て解決していくので、読み手に役に立つ情報なのか、タイトルと文章やまとめが矛盾していないかなどの確認は必要です。

最後に、やはり読み手を常に意識しておくことが重要。読み手にとって親しみやすい表見や言い回しを使って、共感できるような文章が理想です。そのような親しみやすいコンテンツなら、結果としてユーザーは何度もあなたのWebサイトに訪れてくれるでしょう。

全体の内容が一目で分かるように構成する

前項でも説明した通り、Webサイトでは基本的に文章全体が見えづらくなります。そのため、コンテンツ全体の構成をしっかり組み立てることが重要。
まず、タイトルがあり、次に、大見出し、中見出し、小見出し、といった構成が基本です。

つまり、読み手が訪れたときに

  • タイトルで何が書かれているかが分かる
  • 大見出しを見てこのコンテンツの全体の内容が分かる
  • 中見出しや小見出しでさらに詳しい内容が分かる
  • 最後に本文で詳細が分かる

このような流れを心掛けておくと、分かりやすくて理解しやすい良質なコンテンツへと変化していきます。

検索エンジンを意識した「キーワード」の使い方

ここまで良質なコンテンツを作るために必要な知識を説明しましたが、せっかく作っても誰も見てくれなくては全く意味が無いですよね。

そこで、「キーワード」が重要
ユーザーがある特定のキーワードで検索したとき、検索エンジンに評価され、検索ページの上位に表示させるための工夫が必要になるのです。

キーワードを意識した「タイトル」をつける

タイトルは、検索エンジンが重視していることに加えて、ユーザーの検索にも影響する最も重要なポイントです。

例として、『携帯電話 おすすめ』がキーワードなら、それを使ったキーワードでタイトルを決めますが、「おすすめ携帯電話の紹介」といったタイトルでは何となくインパクトが薄いですよね。

そんなときは例えば、
『携帯電話選びのお悩みもこれで解消!タイプ別おすすめ携帯5選』
といったタイトルをつければ、携帯電話のおすすめ情報が満載のページだと、検索エンジンが判断し、ページ上位に表示される可能性が高くなります。

キーワードを本文中にバランスよく挿入する

タイトルと同様に、Webライティングではキーワードを本文中に意識して盛り込むことも重要。その理由として、検索エンジンに何が書かれているページなのか分かりやすくするためです。

しかし、キーワードを意識し過ぎてしまうと逆に不自然な文章になりがちなので、自然な形でバランス良く挿入しましょう。

また、検索エンジンはコンテンツの書き出しから文章前半にかけて単語を読み取るため、キーワードはバランスを考えながらコンテンツ上部に多めに紋込んでおくと効果があります

Webライティングの奥は深いので、これだけでは足らない部分はまだまだありますが、この3つのポイントを意識しておきましょう。

3、ライティングの種類と特徴の違い

最後に参考までに、ライティングには定義によって、Webライティングの他にも、

  • コピーライティング
  • SEOライティング

大きくこの2種類あり、それぞれ特徴が異なります。

コピーライティング

コピーライティングの「コピー」は、一般的な複写を表すコピーという意味ではなく、「広告文」を意味しています。

一般論として、文章の力だけでどれだけ人から興味を引きつけられるか、または、どれだけの人に商品を買ってもらうことができるかを決めるのがコピーライティングです。キャッチコピーをつける、ユーザーに商品の購入などのアクションを起こさせる場合に用いられます。

SEOライティング

SEOとは、「検索エンジン最適化」を意味し、検索結果でWebサイトがより多くの人に閲覧してもらうために行う一連の取り組みのことを指します。GoogleやYahooなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のこと。

つまり、検索キーワードを常に意識して、誰でも読みやすくて理解できるような文章を書くことが求められます。
先程説明した、コンテンツの上部にキーワードを盛り込むのも対策の1つですね。

以上、簡単ではありますが、何となく違いを分かっていただければ幸いです。

4、まとめ

今回は、Webライティングとは何ぞや?という説明でしたが、ここでは全て説明しきれないくらい奥が深いものです。

色々説明しましたが、Webライティングとは?
良質なコンテンツ(記事)を作っていくことはもちろん、さらにキーワードを意識して検索エンジンで上位表示してもらえるような工夫を施した文章を書くこと。
と、まとまるのではないでしょうか。

様々なテクニックはありますが、読み手を常に意識しておくことが基本ですね。

 

関連記事

  1. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識

  2. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

  3. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

  4. Webライティングの知っておくべき6つのルール

    Webライティングの知っておくべき6つのルール

  5. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

  6. Webライティングで求められる4つの技術

    Webライティングで求められる4つの技術