記事作成を外注する3つのメリットとは?

Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

現在では、被リンクをたくさん張る外部SEOから、Webサイト内のコンテンツを充実させる内部的なSEOが重要視されています。
そのような現状から、企業や会社では自社のWebサイトに良質なコンテンツ(記事)を増やすことに力をいれています。

しかし、そのコンテンツを制作する人員の確保が難しい・・・、仮に作成するとしても限界があります。
そこで、人員不足の解決策としては記事作成の外注が注目されているのです。

とはいっても、どんな業者がサービスを提供しているのか? 
また、外注するメリットはあるのか?など、気になるポイントは多いもの。

そこで今回は、記事作成を外注するメリット、および、比較として記事作成の外注業者の5社ご紹介いたします。

1、記事作成を外注する3つのメリット

外注とは、Outsourcing(アウトソーシング)「仕事の一部を、外部に注文してその仕事をさせること。」
つまり、自社のWebサイトに記事を増やすことが難しい、または人員が確保できない、そのようなときに記事作成の外注が利用されます。

では、なぜ記事作成は外注が良いのか?そこには、以下のようなメリットがあるからです。

記事作成の外注メリット➀ 業務の効率化

記事を作成するためには当然時間がかかります。
企業や会社では限られた人員で数々の業務をこなしているので、記事作成に時間を割かれるわけにはいきません。もちろん、ライティングのために人員の増員はできないのが現実。

そんなとき、記事作成を外注すれば、専門であるプロのWebライターに記事を執筆してもらえます。
納期や記事数、文字数さえ指定しておけば、あとは納品を待つだけ。その時間を他の業務に充てられるわけです。

記事作成の外注メリット➁ コストの削減

仮に記事作成のために人員を確保したら、どれくらい経費がかかるでしょうか?
記事作成にも知識は必要。講習会に出席するなどの教育費、その人員の人件費はもちろん必要になります。また、作成する記事数によっては1人では困難なケースも考えられます。

そこで、記事作成を外注すれば、大量の記事でも打ち合わせた納期通りに納品してもらえます。
依頼内容によっては高額な費用がかかるケースはありますが、長期的に考えれば外注した方がコスト削減が可能。さらに、社員が作成するよりも確実に早くできあがります。

記事作成の外注メリット➂ 良質なコンテンツの作成

記事作成と一口にいっても、ただパソコンで文字を入力すればいいというものではありません。
どうしても、クオリティが低くなったり、バラつきが出たりするものです。

外注すれば、記事作成(Webライティング)を専門にしているWebライターが業務にあたり、クオリティの高い記事を作成してくれます。記事作成(Webライティング)専門業者では、1人のライターが担当する形になるので、クオリティのバラつきもほとんどありません。

以上のように、記事作成を自社で行うよりも、外注した方がメリットは大きいのではないでしょうか。
外注するポイントとして、納期や記事数、文字数をしっかり決めておくのが大切です。

2、記事作成の外注業者比較

日本全国数多くの記事作成の外注業者がサービスを提供しています。
全ての紹介は無理なので、ここでは広く知られている外注業者5社ご紹介。料金体系なども明記しておきますので、比較してご覧ください。

日本WEBライティング協会

2012年からWebライティング能力検定を行っている「一般社団法人 日本WEBライティング協会」。
Webサイトの内容の充実と質の向上に寄与することを目的とした事業を行っています。

協会では、記事制作代行のサービスも提供しており、料金設定は以下のようになっています。
一度の依頼が50記事以上の場合は、10%割引となるサービスも実施中。

1,000~1,200文字:1記事あたり2,000円(50記事以上なら2,000円→1,800円)
1,500~1,700文字:1記事あたり3,000円(50記事以上なら3,000円→2,700円)
2,000~2,300文字:1記事あたり4,000円(50記事以上なら4,000円→3,600円)

(株)YOSCA(ヨスカ)

東京都渋谷区に本社がある、ライティング代行、ホームページ制作などを行っている記事作成外注業者。
低価格でスピードを重視した記事から、専門性・クオリティの高い記事まで、登録ライターの中から選抜して記事を執筆してくれます。

初期費用:10,000円/1社(取引するときの調整費として)
料金:5円/文字(1記事2,500文字を超えると6円/文字)

記事作成代行ドットコム

宮城県仙台市に本社がある、Web集客コンサルタント、記事作成代行・ライティング業務などを行っている外注業者。
サービス形態は、契約ライターによる記事作成サービスが主流で、女性Webライターが多いのが特徴です。
ライティング記事制作の料金は、以下の2種類。

おまかせコース:1円/文字(文字数、キーワード、禁止文字、文末表現が設定できます。)
こだわりコース:用途に応じて文章を執筆するため、記事内容や書き方などの細かな指定が可能。
SEO対策用のコラム全般:2円~3円/文字
専門性のある分野:5円~8円/文字
成人向けコンテンツ全般:5円~/文字
個人のブログ代筆:10円~/文字

Markelog

Webマーケティングブログを運営するMarkelog。サービスの一環として記事制作代行も提供しています。
SEO、コンテンツマーケティング、Webサイト運営などのノウハウやクオリティはサイトを見れば一目瞭然。
ただし、価格は少々お高めです。

単価:6円~/文字
文字数の目安:2000文字程度
記事数は10~20記事/月程度(内容によっては、1記事からでも依頼可能)

K’z office

東京都豊島区に本社がある「K’z office」は、ライティング記事作成の外注に特化しています。
料金形態は、文字単価で設定してあり以下の通り。

キーワード記事:0.8円~/文字(100~1,500文字が目安)
コンテンツ記事:1.2円~/文字(300~4,000文字が目安)
メインサイト記事:1.8円~/文字(800文字~)
専門ジャンル記事:2.5円~/文字(300文字~)

「BRIDGEA(ブリジア)」はSEOライティングに注力!

弊社ブリジアにおいても、記事作成(Webライティング)代行サービスを提供しています。

あくまで、検索上位表示を目標とした結果重視。
以下のように5つの要素を取り入れたSEOライティングに力を入れています。

・ユーザビリティに配慮した作りとなっているか
・ページ滞在時間が長いか
・キーワードに関連する情報が集まっているサイトになっているか
・内部SEO対策がしっかり施されているか
・タイトル、meta、discriptionの対策は施されているか

記事制作費:2円~/文字

平均滞在時間ができるだけ長くなるように、最低平均3,000文字/記事を目安に制作。その他にも、SEO対策に特化したWEB制作を請け負っております。

「サイトからの集客が少ない」「SEO対策を強化したい」などお困りの方は、「記事作成・Webライティング代行」で内容をご確認のうえ、「お問い合わせフォーム」からご相談ください。

3、まとめ

内部SEOの充実のためには良質なコンテンツが必要不可欠。その制作のために、記事作成の外注が重宝されています。
業務の効率化でき、長期的に見ればコスト削減にも繋がります。

現在では、ご紹介したとおり数多くの会社に記事作成の外注が可能。料金形態やサービス内容は各社異なるので、しっかり見極めて依頼するのが重要です。

弊社ブリジアでも、内部SEOに特化したSEOライティングに力を入れておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. Webライティングは副業におすすめ!

    Webライティングは副業におすすめ!文章を書くのが好きなら未経験OK

  2. ライティング代行費用相場はいくらぐらい?

    記事作成代行・Webライティング代行の費用相場チェック!

  3. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  4. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…

  5. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

  6. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方