Webライティングは副業におすすめ!文章を書くのが好きなら未経験OK

Webライティングは副業におすすめ!

副業といえば、内職的なイメージが強かったものですが、今ではインターネットを活用した副業が大半を占めています。

アンケートモニターやアフィリエイト、データ入力、せどり、FX・・・などなど。
というように数ある副業の中でも、注目度が上がっているのが「Webライティング」

Webライティングは、初期投資0で始められ、文章を書くのが好き、もしくは苦にならない方には最適の副業です。
さらに、空いた隙間時間に在宅でできるメリットは大きいのではないでしょうか。

そこで今回は、Webライティングとはどんな仕事なのか、おすすめする理由をご紹介いたします。
あわせて、弊社BRIDGEAもWebライターを募集中。その内容も詳しくご説明いたします。

1、Webライティングの仕事とは?おすすめするワケ

Webライティングは副業におすすめ!
Webライティングってどんな仕事ですか?
という素朴な疑問を伺うこともありますが、簡単にはWebサイトに掲載するためのコンテンツ(記事)を代行して執筆する仕事になります。

始めたいという方は、一般的に「クラウドソーシング」というサイトに登録して、自分で仕事を探していきます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

といった大手サイトでは、膨大な数の案件を取り扱っているので、初めて登録する方にはおすすめです。

クラウドソーシングの利用者は、一般的に「タスク形式」という形態で仕事に取組みます。
タスク形式とは、自分が書けそうな案件を選んで執筆して、報酬を得るという働き方。単価は安く、1文字0.2円~0.5円が相場です。

もちろん、慣れてスキルが身についたら難しい案件(プロジェクト形式)に挑戦することも可能。

Webライティングをおすすめするワケ

では、なぜ副業にWebライティングがおすすめなのか?

冒頭でも軽く触れましたが、一番のメリットは「在宅ワーク」ということ。
さらに、通常のバイトやパートのような拘束時間がないので、空いた隙間時間に仕事に取り組めるメリットも大きいですよね。

始めるために必要なものといえば、デスクトップ、ノート型PCとインターネット環境の2つ。すでにパソコンでインターネットを楽しんでいる方は、初期投資0で仕事を開始できます。クラウドソーシングの登録も基本は無料です。

また、資格や免許が必要なく、誰でもできるようなタスク形式から始められるので、ストレスを感じることもほとんどありません。

ただし、ライティングを始めるとき、記事制作にはMicrosoftの「Word」を利用するので、文字入力や装飾、表作成といった基本操作。情報収集は主にGoogleやYahoo!などのインターネット検索を利用するので、パソコン操作の最低限の知識は必要です。

Webライティングは、文章を読んだり書いたりするのが好きな方には、まさに最適な副業。
ライティングは書くことですが、読む力や柔軟な発想も必要。読んだ情報をいかに自分の言葉で表現できるかが求められます。

2、BRIDGEAは専業主婦応援、地域創成を目指しています!

Webライティングは副業におすすめ!
弊社BRIDGEA(ブリジア)も、在宅ワーク” でのWebライターを募集中!
前項でご紹介したクラウドソーシングとは異なり、Webライティング代行専門会社になります。

BRIDGEAは専業主婦を応援!

専業主婦の方は、働く意欲があっても子育てなどが忙しく、思い通りに仕事に就けないのが現実。

現在では「待機児童」というものが社会問題となり、お子さまを預ける保育園や幼稚園といった施設の不足していくことが懸念されています。さらに、元々働いていた方も、子育て期間のブランクで再就職さえままならないケースも多い。

そのような状況にある専業主婦の方をブリジアは応援しています!
Webライティングなら、お子さんが眠っている間など、空いた数時間で仕事ができ、お小遣いや家計の足しに。

BRIDGEAでは意欲のあるWebライター志望の主婦の方を積極的に募集しています

BRIDGEAは地域創成を目指しています!

地元に戻ってできる仕事を探している方は多いといいます。
また、都会の喧騒から離れて、環境の良いのんびりした郊外への移住に憧れている方は多いのではないでしょうか?

しかし、問題は職場。収入を得なければ生活していけませんよね。
テレワーク(場所や時間にとらわれない柔軟な働き方)を導入している企業は増えているものの、まだまだ少ないのが現実。

ブリジアでは地域創成の一環として、地元に戻って仕事がしたい、または移住したいという方を積極的に募集しています!

Webライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば、都会・田舎と地域や場所に関係なく挑戦できる仕事。世の中には、海外で生活しながら日本国内のWebライターとして活躍している方もいるのです。

Webライターに求められるのは、発想力。ブリジアは、より柔軟な発想を持っている方を募集しています

募集から採用までの流れ

クラウドソーシングはサイトにアクセスして利用者登録が必要になりますが、ブリジアでは「お問い合わせフォーム」に必要事項を記入して、応募していただきます。
お問い合わせいただいた方は、以下の段階を経て仕事を依頼しています。

  1. テストライティング
  2. 特定のタイトルを付与し、2,000文字~3,000文字のライティングに挑戦していただきます。

  3. 採点および技術指導
  4. ブリジアの担当者が技術面の採点を行い、電話もしくはテレビ電話で基本的な技術を指導しています。

  5. 練習記事の執筆
  6. ライターとしての基本技術を学んでいただいた上で、練習記事に挑戦していただきます。

  7. フィードバック
  8.  練習記事をもとに、Webライターとしての技術を指導しています。

  9. 記事のご依頼
  10.  Webライターとしての技術が習得できた方には、実際に記事作成の依頼。

このように、いきなり記事を依頼することはなく、段階を踏んで技術指導など行っておりますので、安心してお問い合わせください。

また、さらにライティングのスキルを身に付けたいという方からのお問い合わせもお待ちしています。

収入例

実際、どれくらい稼げるのか?気になるポイントですよね。
収入例として、最低単価1文字=0.75円では、

10記事/月:22,500円
30記事/月:67,500円
60記事/月:135,000円
90記事/月:202,500円

と、これくらいが目安。もちろん、実績を積んでいけば1文字=1円~と、報酬も徐々にアップしていきます。
依頼分の入金は、ブリジア宛に振込月の前月末までに請求書を提出いただき、依頼月の翌々月の5日にお振込しています。

以上、駆け足で募集内容などご紹介しましたが、詳しくは「在宅Webライター募集!」でご確認いただき、「お問い合わせフォーム」からお気軽に問い合わせください。
専業主婦の方、地元で働きたい、移住したいという方のお問い合わせを心よりお待ちしております。

3、まとめ

現在では働き方の種類が増え、副業と一口にいっても様々な仕事があります。

その中で、在宅の副業として注目されているのが「Webライティング」

ご紹介した通り、パソコンとネット環境を持っている方、さらに文章を読んだり書いたりするのが好きな方は、簡単に仕事を始められます。
一般的に、クラウドソーシングに登録すれば、様々な案件の中から自分でできそうなものを選んで仕事ができます。

そこで、より充実したライティングに取り組みたい方は、BRIDGEA(ブリジア)で一緒に仕事をしてみませんか?
段階を踏んで勉強しながら仕事に取り組んでいただけます。
専業主婦の方、地元で働きたい移住したいという方はもちろん、Webライティングに興味がある方もお気軽に「在宅Webライター募集」からお問い合わせください。

関連記事

  1. Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

    記事作成を外注する3つのメリットとは?

  2. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  3. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

  4. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方

  5. ライティング代行費用相場はいくらぐらい?

    記事作成代行・Webライティング代行の費用相場チェック!

  6. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…