記事作成は代行業者がおすすめ!満足いく業者の選び方

昨今、「コンテンツSEO」が重要ということが謳われ、各企業や団体はその取り組みの中で、代行が頻繁に使われています。
コンテンツを直訳すると「内容、中身」。それがWeb上で使われるコンテンツは「情報の中身」を表している。

つまり、コンテンツSEOは、従来の外部リンクに頼るSEOから、Webサイト内にあるコンテンツを充実されて、最終的には集客につなげるコンテンツマーケティングの手法の1つです、

その理論や重要性は分かっていても、そのコンテンツを作る人員が中々確保できない・・・
そのような現状からサイトの記事作成を、代行業者に依頼するケースが増えているのです

そこで今回は、記事作成を代行依頼する種類や方法についてご説明いたします。

1、記事作成の代行サービスは2種類

まず、Webサイトの内のコンテンツ作成、いわゆる記事作成とは、そのコンテンツ(記事)の良さをユーザーはもちろん、検索エンジンから評価してもらうための文章を書く技術のこと。

さらに、常にSEOを意識した「キーワード」に重点を置き、上位表示させる工夫を加えた記事を書くことを求められます。

その大事なコンテンツを代行で依頼しようとしたとき、

  • クラウドソーシング
  • 専門の記事作成代行業者

と、大きく2つのサービスが利用できます。

クラウドソーシングとは、それぞれ「クラウド=群衆」、「ソーシング=業務委託」を意味し、簡単にいえばWeb上で不特定多数の人に仕事を発注することになります。

では、代行を依頼するならどっかで良いのか?次の項で詳しく。

2、クラウドソーシングと専門の記事作成業者はどっちがおすすめ?

クラウドソーシング会社と専門の記事作成業者、双方の特徴やメリット・デメリットを考えて、どちらが御社におすすめなのか判断していきましよう。

クラウドソーシングに記事作成の代行を依頼した場合

クラウドソーシングとは、先程の軽く触れましたが、Web上で特定の人物ではない誰かに仕事を発注すること。簡単にいえば、仕事を発注する側と、仕事をする側を仲介する役割をクラウドソーシングが担っています。

現在では、50を超えるクラウドソーシング会社がサービスを提供し、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

といった有名どころのサイトには、数多くの企業や会社が仕事を発注しています。

実際に仕事を発注する方法は、

  • タスク形式:簡単な記事・コンテンツ作成
  • プロジェクト形式:担当するライターと打合せを行いながら記事・コンテンツ作成
  • タスク形式:1記事幾らで発注する

と、主に3種類の形式があります。

クラウドソーシングのメリット

そのクラウドソーシングに記事作成代行を依頼する最大のメリットは、「コストが安い」の一言。
さらに、クラウドソーシングでは、あらかじめ予算と納期などの条件を依頼者側で決められるので、低コストのうえにスピーディに発注できるメリットも大きいでしょう。

また、クラウドソーシングは対応している仕事の幅が広く、クラウドワークスを例に挙げてみると、システム開発、ハードウェア設計・開発、サイト運営、デザインなどなど、14種のカテゴリーの仕事に対応しています。

クラウドソーシングのデメリット

低コストでスピーディに仕事が発注できる反面、プロのライターが担当するとは限らないので、どうしても文章のクオリティにはバラつきが出ます
また、発注した仕事に対して、応募者が現れないケースも考えられ、いつまでたっても納品されない可能性もあります。

その他にも、チェック体制は整っているようですが、誤字脱字や丸写し(コピペ)のリスクが高くなります。

まとめると、クラウドソーシングに記事作成代行を依頼した場合、低コストでスビーディに仕事が発注できる反面、文章のクオリティにバラつきがあるということです。

専門の記事作成業者に代行依頼した場合

専門の記事作成代行業者は、依頼内容によってSEOに特化したコンテンツ制作を提携・専属ライターが担当するサービスです。
仕事も発注も、細かい指示ができ、専属ライターが1人で担当することが多いので、クオリティにバラつきがないのも特徴。

  • 日本Webライティング教会
  • K’z office
  • CROWD
  • 記事作成代行ドットコム

といったサイトが知られています。

仕事の発注はサイトによって異なり、プランから選ぶタイプや、文字数や記事数で発注するタイプなどさまざま。
料金に関しては、大半は「1文字=◯円」で換算され、内容によりますが、高品質で条件を細かく設定した場合、1文字=2円程度が目安になります。

では、専門の記事作成業者に代行依頼した場合のメリットとデメリットは、クラウドソーシングと真逆と捉えて問題ないでしょう。

専門の記事作成業者に代行依頼すれば、コストはそれなりに高い代わりに、クラウドソーシングのデメリットである、クオリティのバラつきや納期が明確でないといったものがほぼ無くなります

そこで信頼できる記事作成業者をお探しなら、「BRIDGEA(ブリジア)」に記事作成の代行はお任せください
➀To be connected(繋がる)
➁Challenge(チャレンジ)
➂Next innovation(革新)

の3つの理念を掲げ、「常に上質な記事作成」が信条。

専属のライターが多数在籍し、料金は1文字1円~クライアントの細かい要望にもお応えしています。
記事作成の代行でお困りごとがありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

3、まとめ

Webサイトを改善するには、外部ではなくサイトのコンテンツの見直しが必要。それは理解していても人員が確保ではないことから、記事作成代行が重宝されています。

専属ライターを雇用して継続的に給与をお支払うことを考えれば、記事作成代行業者に依頼した方が賢明でしょう

依頼する際には、クラウドソーシングと専門で記事作成を代行している業者を選べます。
その際、安さと手軽さをとるのか、多少高くても品質をとるのか、どちらを選択するかは自由です。

もちろん、ブリジアも品質にこだわったコンテンツ作成にこだわっておりますので、ご満足いただけるよう全力で記事作成させていただきます。

関連記事

  1. Webライティングで読みやすい文章の書き方

  2. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  3. クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?

  4. Webライティングを勉強する簡単な3つの方法

    Webライティングを勉強する簡単な3つの方法

  5. Webライティングの練習とは?文章力がUPする練習法

  6. Webライティングで求められる4つの技術

    Webライティングで求められる4つの技術