クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?

記事作成(Webライティング)代行で仕事をするには、”クラウドソーシング” に登録する必要があります。

クラウドソーシングとは、「クラウド=群衆」、「ソーシング=業務委託」を意味し、簡単にいえば「Web上で不特定多数の人に仕事を発注する」となります。Webライターとして働いている方は、だいたい登録しているのではないでしょうか。

そこで、これからクラウドソーシングに登録しようと考えたとき、「料金はどれくらい貰えるんだろう?」
と、記事作成(Webライティング)したとき、どれくらいの収入があるのか気になりますよね。

そこで今回は、料金に注目して、クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金をご紹介いたします。

1、クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金紹介

クラウドソーシングは、国内だけでも50以上のサイトがサービスを提供しており、料金体系もさまざま。
ここでは、国内の主要なクラウドソーシングサービスのWebライティングでの料金をご紹介いたします。

ランサーズ

ランサーズは、11万社が利用する国内最大級のクラウドソーシングサイト。記事作成(webライティング)はもちろん、その他にもWeb制作やシステム開発、ロゴ制作、など様々な仕事に対応しています。
主に、プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式、ストア形式と4種類。

記事作成・ブログ記事・体験談といったライティングの仕事は、398,000件におよび、難易度によって料金が異なります。
タスク形式:500円~5,000円/記事
プロジェクト形式:10,000円~500,000円

クラウドワークス

クラウドワークスは、こちらも日本最大級のクラウドソーシングサービス。プロのライターから、アルバイトや主婦の方まで、登録者は110万人以上におよびます。
記事作成(webライティング)をはどめ、ホームページ作成やアプリ開発、ロゴ・チラシ作成、データ入力まで幅広い仕事に対応しています。
主に、プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式の3種類。

記事作成(webライティング)の仕事として、案件は400,000件におよび、難易度で料金が異なります。
タスク形式:1円~500円/記事
コンペ形式:10,000円~50,000円/記事

Sagooo(サグー)ワークス

サグーワークスは、記事作成に特化したクラウドソーシング。 登録者は、17万人以上におよびます。
記事の案件数が多く、150文字程度から1,000文字程度の文字数で、自分のあった文字数で記事作成ができます。

1ポイント=1円というシステムになっており、現金の換金に関しては他のクラウドソーシングサイトに比べて早いのも特徴です。
また、サグーワークスではランク制をとっており、試験に合格するとプラチナライターとして、報酬の高い仕事が出来るようになります。

テキスト作成の仕事として、案件12,000件前後で、難易度によってポイントが異なります。
簡易テキスト作成:100p~1,000p/記事
高単価ライティング:1,000p~3,000p/記事

shufti(シュフティ)

㈱うるるが運営するシャフティは、他のクラウドソーシングと違い、女性に特化したサービスを展開しています。登録者は26万人におよびます。また、初心者でも始めやすいように、有料にはなりますがオリジナルのeラーニング講座があり、仕事内容を易しく教えてくれます。

主婦を中心に仕事案件も、140種類もの仕事に対応しています。主にプロジェクト形式とタスク形式の2種類。

記事作成(ライティング)の依頼・代行、お仕事として、1,000件の案件から好きなジャンルを選べ、難易度で料金が異なります。
タスク形式:100円~1,000円/記事
プロジェクト形式:3,000円~20,000円/記事

Bizseek(ビズシーク)

㈱アイランドが運営するビズシークは、初心者でも始めやすいクラウドソーシング。

初めての利用者のために、ご利用ガイドが用意されているので安心して仕事ができます。
大きな特徴として、実名登録制をとっているので、仕事依頼者からの信頼を得られやすく、良い条件で高報酬の仕事ができる可能性があります。
現在ライティングの案件は、プロジェクト形式の案件が3件。
報酬:2万円~200,000円

以上、クラウドソーシング5サイトの料金をご紹介しましたが、難易度で異なるため、正確に1記事幾らと明確なものがありません
基本的に、タスク形式は簡単な記事で、だいたい1,000文字程度の案件が多く、プロジェクト形式になると難易度が高くなり、ある程度の実績が必要になります。

2、まとめ

今回は、クラウドソーシングでの記事作成(Webライティング)料金をご紹介しましたが、料金については明確な決まりがありません
特に、大手のランサーズ、クラウドサービスの2社に関しては、案件数が400,000万件におよび、まさに料金はピンキリです。

初心者の方は、だいたい1記事500円前後が妥当ではないでしょうか。
ただし、難易度が高いプロジェクト形式によっては、100,000円以上の報酬が期待できます。

もちろん自分のレベルに合わせて仕事ができるので、最初は簡単なもので慣れていくことをおすすめします。

関連記事

  1. Webライティングが上達する簡単な5つのコツ

    記事作成のコツ!Webライティング5つの文章力UPのテクニック!

  2. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識

  3. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  4. 記事作成は代行業者がおすすめ!満足いく業者の選び方

  5. Webライティングで持っていると有利な資格とは?

    Webライティングで持っていると有利な資格とは?

  6. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?