Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

インターネットが必要不可欠になった現代社会において、Webに関わる仕事はWebデザイナー、Webプランナーなど数多く存在しています。その中で今注目されているのが「Webライター」という職種。

基本的にWebライティングという仕事をしている人のことを指しています。

何をする仕事なのか?
と、素朴な疑問がでてきますが、近年では、副業、在宅ワーク、アルバイトでも人気の職種。
つまり、誰でも簡単に始められるということです。

今回は、Webライティングとはどのような仕事をしているのか、また、その働き方や収入について簡単にご説明いたします。

1、Webライティングの仕事内容

Webライティングの仕事をしている人が「Webライター」。
では、そのWebライティングとはどんな仕事なのか?知らない人からすると、何をしているのかさっぱりですね。

Webライティングの仕事とは?

そもそもWebライティングとは、Webサイト上の文書を書くこと。
詳しくは、ある特定のクライアントから依頼を受けて、Webサイト上に掲載するコンテンツ(記事)を代行して執筆する仕事をしています。

ただし、ただ執筆しているという訳ではありません。
GoogleやYahoo!などの検索エンジン、さらに最近流行のSNSを経由して、いかに集客できるかを意識したWebライティングが求められます。

取り扱う分野も、コラムやエッセイ、イベント、ニュース、広告記事など多岐に渡ります。さらに取り扱うジャンルも、政治・経済、スポーツ・芸能、グルメ・旅行、健康・ダイエットなど、専門知識が必要なものから、日常生活に関係するものまで豊富に揃っています。

そのため、Webライティングでは高い情報収集力はもちろん、幅広い知識が求められる仕事でもあります。

SEOの知識が必要

Webライティングでは、できるだけ多くの人に見て・読んでもらえるコンテンツ(記事)を作っていくのかも重要になります。

そこで必要になるのが「SEO」
SEOを簡単に説明すると、検索エンジンで自分のコンテンツを上位表示させる手法のこと。一般的に「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

そのSEO対策で最も重要になるのが「キーワード」
検索エンジンを利用するユーザーは、ほとんどキーワード検索をしている。そのため、WebライティングではSEO対策として、対策キーワードをタイトルや文章の中に盛り込むのが一般的です。さらに、検索エンジンで上位表示されるには「良質なコンテンツ」も重要な要素の1つになっています。

つまり、Webライティングの仕事では、良質なコンテンツを作成しつつ、対策キーワードを適所に盛り込むことが求められています。

2、Webライティングの働き方や収入

Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介
Webライティングの仕事内容で必要な知識などご紹介しましたが、実際に仕事をするならどこで働くのか?
普通の会社員と違って、不透明な部分があります。

Webライティングの働き方は?

Webライティングの仕事は、現在では主に以下の3つの働き方があります。

  1. 専属Webライター
  2. 契約Webライター
  3. フリーのWebライター
➀専属Webライター

専属Webライターは、イメージ通り特定の企業やメーカーと直接契約を結び、その企業やメーカーの商品やサービスの記事や広告を作成しているWebライターになります。

➁契約Webライター

契約Webライターは、Webライティングの代行会社と契約し、代行会社に入る様々なクライアントの依頼に基づき、その依頼に対して記事を作成しているWebライターになります。

➂フリーのWebライター

企業や代行会社と契約せず、フリーでWebライティングをしている人は増えています。
プロのWebライターとして活躍している方や、主婦や学生、最近ではサラリーマンなど、副業、在宅ワーク、アルバイトとしてWebライティングするケースも増加傾向です。

このように、3つの働き方がありますが、専属や契約のWebライターは依頼が入るので、それに対して執筆していきます。ただし、ある程度のWebライティングの知識やスキルが求められます。

一方のフリーで働いている方は、クラウドソーシングに登録して自分で仕事を探さなければなりません。
高額を報酬得ているプロで活躍している方や、副業、アルバイトでしている方は、お小遣いや家計の足しとして働いている方がほとんどです。

Webライティングの収入は?

以上のように3つの働き方がありますが、収入は個人差があります。
いわゆる、ピンキリというやつです。

企業やメーカーの専属Webライターとして働いている方は、月給制となりある程度の収入は期待できるでしょう。
今では、斎藤工さんがテレビCMしている「Indeed」では、軽く100件近い求人情報が掲載されています。

契約ライターに関しては、Webライティング代行会社との契約内容にもよります。
通常、1件記事◯円、1文字◯円という契約になっていることが多く、作って幾らという感じになりますね。

フリーでWebライティングをしている方は、プロになれば月20~30万円程度は稼ぐのは可能ではないでしょうか。
しかし、副業やアルバイトで仕事をしている方は、登録するクラウドソーシングによって異なりますが1文字0.2~0.5円が相場。もちろん、難易度があがれば文字単価も当然高くなります。

「BRIDGEA(ブリジア)」もWebライターを募集中!

最後に、当社「BRIDGEA(ブリジア)」もWebライターを募集しています。
その際、基本的に「在宅ワーク」という形での募集となります。

収入例として、(最低単価1文字=0.75円)
10記事/月:22,500円
30記事/月:67,500円
60記事/月:135,000円
90記事/月:202,500円

と、自分のペースに合わせて、家計の足し、お小遣い、しいてはWebライターとして生計を成り立たせることも可能です。詳しくは、「Webライター募集!」をご覧いただき、Webライティングに興味がる方はお気軽にお問い合わせください。また、合わせて記事の代行依頼も受け付けております。

契約ライターが多数在籍し、料金は1文字3円~様々なクライアントさまの細かい要望にもお応えしています。

Webライティング代行の依頼先でお迷いの方がおられましたら、こちらも「Webライティング制作代行!」で詳しい内容をご確認いただき、お気軽にお問い合わせしてください。

3、まとめ

最後にまとめると、WebライターがしているWebライティングという仕事は、

  • クライアントからの依頼の目的やターゲットを正確に理解する。
  • 目的やターゲットに沿った良質なコンテンツ(記事)を作成する。
  • 検索エンジンを意識したSEO対策となるキーワードを適所に盛り込む。

といった知識やスキルが求められます。

その働き方には、専属Webライター、契約Webライター、フリーのWebライターと、3つの働き方があります。
経験や持っている知識で働き方は変わってきますが、ある程度経験を積んで行けばサラリーマンよりも稼ぐことも可能な職種です。

関連記事

  1. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  2. Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

    Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

  3. webライティングのリライトの目的とポイント

    記事作成(Webライティング)でリライトする目的と作り方のポイント

  4. Webライティングが上達する簡単な5つのコツ

    記事作成のコツ!Webライティング5つの文章力UPのテクニック!

  5. 記事作成は代行業者がおすすめ!満足いく業者の選び方

  6. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識