記事作成のコツ!Webライティング5つの文章力UPのテクニック!

Webライティングが上達する簡単な5つのコツ

記事作成(Webライター)代行として働く方は増えましたが、文章の書き方に息詰まることはありませんか?
記事作成(Webライティング)で求められるのは「読みやすくて、分かりやすい文章」、さらに最後まで読んでもらえる文章。

数々の案件を執筆していく中で、書き方は次第に慣れてくるものの、「もっと上達したい!」という方は多いでしょう。

そこで上達するためには、ただ漠然と案件をこなしていくだけではなく、コツを学んでおく必要があります。
なんにでも当てはまりますが、コツを理解することが上達への近道。

そこで今回は、参考になれば幸いですが、記事作成(Webライティング)が上達するような簡単なコツを5つご紹介いたします。

1、記事作成のコツ!Webライティングが上達する簡単な5つのテクニック

記事作成(Webライティング)のコツに限らず、何かを上達しようとしたとき、コツは知っておく必要がありますよね。

記事作成(Webライティング)の初心者の方は、簡単なコツを理解しておくだけで、今までよりも納得できる文章が書けるようになるはず。そして、コツを掴んだら、あとは様々な記事作成(Webライティング)のテクニックを身につけて、より上達していけるように努力していくだけです。

そこで、記事作成(Webライティング)の簡単なコツを5つ挙げると、

  • 文章の構造を理解して文節を常に意識する
  • 結論から先に書く
  • 段落は正しく分ける
  • 自分らしさを強調する
  • 「!」「?」「かっこ」を効果的に使う

このように、それほど難しいコツではないので、誰でもすぐに実践できるのではないでしょうか。

文章の構造を理解して文節を常に意識する

最初に、コツとは少しニュアンスは異なりますが、文章にも構造があるのはご存知ですか?

例えば、「最近は記事作成(Webライティング)代行の需要が増えている」という文章で構造を説明すると、以下の通り。

  1. 単語:
  2. 最近は、記事作成(Webライティング)、など。
    「最近」のように単語自体に意味があるものは『自立語』
    「は」のように言葉に意味がないものは『付属語』

  3. 文節:
  4. 一般的に文の中に「ネ」を入れて区切ったものが文節となり、先程の例文で表してみると、
    「最近はネ/記事作成(Webライティング)のネ/需要がネ/増えている」というようになります。

  5. 文:
  6. 最初の単語「最初」から「。」までが文です。

  7. 段落:
  8. 文章の中の一つのまとまりが段落。

  9. 文章:
  10. 段落がいくつも構成されたものが文章。

学生のとき習った方もおられると思いますが、1つの文章はこのように構成されています。

そこで、記事作成(Webライティング)では、「➁文節」を常に意識しておく必要があります。
作成した文で、いちいち書く必要はありませんが、頭の中で「ネ」入れて文節に区切ってみると、間違いに気付きやすくなります。

一文を構成するときは、文節が重要。
せっかく読んでくれるユーザーに対して、正確に伝わる文章を書くためには、文節を意識して丁寧に書く必要があります。

結論から先に書く

Webライティングでは、結論から先に書くのがコツです。

主に、タイトル下のフック文章(導入文)や見出しのすぐ下には、結論から先に書いておくと効果的。
冒頭に結論を入れることで、この記事は何について書かれているのかが、ユーザーに一目で分かってもらえます。

Webサイトを利用するユーザーは、最初の2~3行を見て自分に必要な情報かどうか判断する傾向があります。
そのため、最後まで読まないと結局何を言いたいのか分からない記事や、必要な情報がないと判断された記事は、たいてい最後まで読まれることはありません。

取り扱う記事の内容によりますが、できるだけ結論から先に書くようにしましょう。

段落は正しく分ける

記事作成(Webライティング)では、段落を正しく分けて読みやすくしておく必要があります。
段落分けは、日本人なら「一文字下げ」をイメージしますが、Webライティングでは改行を利用して段落分けを行います。

そこで、改行を利用した段落分けがなく、文字がズラズラ並んでいるだけでは視覚的にも圧迫感を与え、何より読みにくくなってしまいます。

一般的に話の変わり目で利用しますが、2~3行ごとに段落分けしておくことをおすすめします。
実際に自分がWeb上の記事を読むとき、段落が仮に5行以上あると、読む気が無くなりますよね。

内容にもよりますが、読み手が疲れない、さらに読みやすくするためには、段落分けのコツは掴んでおきたいですね。

自分らしさを強調する

記事作成(Webライティング)代行業務では、文章を書くことに慣れてきたら、自分らしさを強調するようにしましょう。

Web上には、星の数ほどのコンテンツが存在し、誰も作っていないようなオリジナルのコンテンツは、皆無に等しいくらい存在していません。自分が調べたいキーワードで検索したとき、何万ものコンテンツがヒットしますよね。この記事もそうですが、タイトルはもちろん、記事の内容も似たようなものがほとんどです。

そこで、重要なのが「自分らしさ」なのです。
同じようなコンテンツでも、独自性を持たせることで、結論は同じでも読み手には違うもののように感じてもらえます。

「!」「?」「かっこ」を効果的に使う

小説や雑誌、漫画で見る機会が多い、感嘆符「!」と、疑問符「?」、「かっこ」。
記事作成(Webライティング)代行でも文章内に効果的に使うと、文章にリズム感が生まれ、読み心地をよくすることができます。

感嘆符「!」、疑問符「?」の使い方

まず、感嘆符「!」は、驚きなどの感情を表し、疑問符「?」は、問いかけや疑問に思ったことを表す時に用いる記号です。

・あの人は天才だ! 
・このケーキは美味い!
・この値段は幾ら?
・不思議に感じませんか?

などなど、強調して何かを伝えたいときに使うと効果的。
ただし、使い過ぎると鬱陶しく、下品な印象を与えてしますので、適所での利用が好ましいでしょう。

「かっこ」の使い方

「かっこ」は普通に使われるものですが、記事作成(Webライティンク)代行でも使い方次第で文章にメリハリを与えてくれます。

記事作成(Webライティンク)で利用する「かっこ」には、「 」、『 』、( )、〈 〉、【 】、主にこの5種類。
使い方は、断定ではありませんが以下の通りです。

「かぎかっこ」:会話文や引用
『二重かぎかっこ』:「かぎかっこ」の中で利用
(まるかっこ):補足説明などで利用
〈山かっこ〉、【隅付かっこ】:強調する単語や文に利用

このように、「かっこ」を使い分けるコツは理解しておくようにしましょう。

2、まとめ

記事作成(Webライティング)代行の最終的な目的は、最後まで読まれるコンテンツを作ることです。

そのためには、ライティング力の上達が必要不可欠。
Webライターとして働いている方は、上達のための努力を日々行っています。

今回は、上達するコツとして5つご紹介しましたが、どれも基本的なことばかりです。
ちょっとしたコツを知っておくだけで、文章に違いが出てくるもの。まずは、コツをしっかり掴むようにしたいですね。

関連記事

  1. Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

    Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

  2. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…

  3. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?

  4. Webライティングで持っていると有利な資格とは?

    Webライティングで持っていると有利な資格とは?

  5. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  6. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!