Webライティングの練習とは?文章力がUPする練習法

Webライティングの練習はしていますか?
求められるものは、良質なコンテンツ作り。Webライターの仕事をしている人は、日々が練習と勉強の繰り返しですよね。

しかし、これからWebライターとして一歩を踏み出す方には、何をすれば練習になるのか分からない・・・
基本的に、「読みやすい、分かりやすい、親しみが持てる」文章を作っていくには、練習を積んでいくしかありません

ということで今回は、Webライティングの文章力がUPする練習法を、参考になれば幸いですがご紹介いたします。

1、Webライティングの文章力がUPする練習法

Webライティングの練習法にはコレといった決まりがなく、どうしたらいいのか迷ってしまうものです。
良質なコンテンツ(記事)を作っていく上で、コツや技法は様々ありますが、とにかく何でも良いので書いてみることが一番の練習法です。

何のテーマでもいいのでブログを作る

簡単な練習法として、テーマは何でもいいので、ブログを作ることをおすすめします。

例えば、車が好きな方は、車について最低3記事を目標に作ってみましょう。
Webライティングの構成を多少気にしながら、タイトルを仮に「車の歴史を調べてみた」、「一度は乗ってみたい車ランキング」、「ドライブするならココがおすすめ」など、テーマをしっかり決めることも大切。

その際、記事には見出しをつけて、見やすさ読みやすさも意識し、各記事1,000~2,000文字程度と決めて書いていきます。

仕事ではないので、自分の好きなことを書けばいいのですが、テーマやターゲットを考えて上で読みやすさを意識していれば、自然と書き方のコツを覚えてきます。

それが出来るようになれば、あとはWebライティングの構成や書き方を学ぶだけです。

文章を短くする練習

Webライティングでは、短くて分かりやすい文章を書く技術が求められます。

なぜかといえば、Webサイトを利用するユーザーの多くは「流し読み」する傾向があるので、長すぎる文章は敬遠されるからです。
一般的に、一文が80文字以上になると、長いという印象を持たれてしまいます。

そのため、先程おすすめしたブログを作るときなど、一文が長くなりそうなら句点「。」で話を区切ったり、箇条書きできる要素があれば積極的に箇条書きにする配慮が必要になります。

これだけでも、格段に読みやすい文章に変化していくので、「文章は短く」を基本に練習してみましょう。

クラウドソーシングに登録して簡単なテーマからチャレンジする

クラウドソーシングは、仕事を発注する人と仕事を探している人を取り持つ、仲介業者のような役割をするサイトです。
インターネットに接続されたパソコンがあれば、誰でも簡単に無料で登録できます

もちろん、通常のバイトやパートのように拘束時間が無いので、時間が空いているときに、好きなジャンルの仕事ができるので安心です。
ジャンルはピンキリで、芸能やスポーツ、グメル、ダイエット、健康・・・などなど。

現在では、在宅ワークとして副業やバイトで登録している方もかなりいます。
文章を書く練習にもなって、報酬は「1文字=0.2~0.5円」とそれ程多くないものの、お小遣いくらいは稼げるのではないでしょうか

登録するなら、案件数が多い方がいいので、以下の3サイトは特におすすめです。
ランサーズ:https://www.lancers.jp
クラウドワークス:http://crowdworks.jp/
サグーワークス:https://works.sagooo.com

登録しても仕事をする・しないは自由なので、練習したい時やお小遣いを稼ぎたい時などに利用してみてはいかがですか。

以上、練習法といっても、とにかく経験を積んでいくことが大切なので、何でも良いので書いてみることが一番ですよ。

2、(参考)Webライティングのノウハウ本を読む

練習法とは一味違いますが、ライティングに関するノウハウ本が数多く発行されているので、勉強のために読んでおくこともいいのではないでしょうか。ここでは、Webライティングに関する「おすすめの本」を3冊ご紹介します。

『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』

ニュースサイトである「ナタリー」の初代編集長として、新人教育を担当していた著者が、「書ける人が自然にやっている基本」を誰にでも学べる方法としてまとめもの。Webライティングの基本ルールがしっかり書かれているので、初心者にはもってこいの一冊です。
例文が多数収録され、改善前・改善後を併記しているので、文章術の効果を効率よく学べます。

著者:唐木 元
出版社::インプレス
Amazon:新品1,404円、中古753円

『文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック』

初心者には定番の一冊。
文章を扱うすべての人が、ついついやってしまうミスを「例文→改善案」と分かりやすく解説しています。
ビジネスシーンから日常的な文章まで多くの文例の中で、イラスト、図解を交えながら、即効性のある実践的な内容になっています。

著者:阿部 紘久
出版社::日本実業出版社
Amazon:新品1,404円、中古149円

『記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集』

新聞記者やライター、編集者、広報担当者は必携の一冊のようですが、最近ではWebライターやブロガーにも重宝されています。
漢字や平仮名の使い方や、適切な送り仮名の付け方、同訓異字・同音異義語の使い分けが載っているので、初心者でなくとも持っておきたい一冊です。

出版社::共同通信社
Amazon:新品2,052円、中古1,950円

以上、おすすめを3冊ご紹介しました。
もちろん、本でなくてもWebサイトにある大手企業が公開しているしっかりしたブログなどを読んでみるのも勉強になりますので、何かしら自分に良い情報は積極的に取り入れていきましょう。

3、まとめ

Webライティングの練習は、とにかくテーマやジャンルは何でもいいので書いていくことが一番です。

ご紹介した通り、クラウドソーシングに登録すれば、実際に仕事として経験を積むこともでき、さらに多少でも収入が得られます
Webライティングでは、コレといった練習法や勉強法はないので、おすすめ本を参考にしていだき、とにかく文章に慣れることが大切です。

もちろん、読者がいてはじめて成立する仕事なので、読み手のことは常に意識しておくようにしたいですね。

弊社BRIDGEAもWebライターを募集しております。「初心者だけどチャレンジしてみたい!」「なにか行動したい!」と考えている方、お気軽にお問い合わせください。

2019年2月15日現在「在宅Webライター募集中」

関連記事

  1. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

  2. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…

  3. Webライティングが上達する簡単な5つのコツ

    記事作成のコツ!Webライティング5つの文章力UPのテクニック!

  4. Webライティングはバイトでもできる!方法や収入は?

  5. Webライティングで求められる4つの技術

    Webライティングで求められる4つの技術

  6. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?