記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

記事作成(Webライティング)で求められるのは「文章力」ですが、さらに、最後まで読んでもらえるようなコンテンツ作りが重要。
というのは、常日頃いわれていることではないでしょうか?

実際その通りで、せっかく作るなら、読者を惹きつけるような記事でありたいもの
そうはいっても、ある程度の経験が必要になってくるので、初心者ではとうてい無理な話だと感じてしまうそうですね。

では、ユーザーが読みたくなる文章とはどんなものなのか?

そこで今回は、記事作成(Webライティング)の文章力が向上するコツとして、誰にでもすぐに使えそうなものを厳選して5つご紹介いたします。
記事作成(Webライティング)で求められるのは「文章力」ですが、さらに、最後まで読んでもらえるようなコンテンツ作りが重要。
というのは、常日頃いわれていることではないでしょうか?

実際その通りで、せっかく作るなら、読者を惹きつけるような記事でありたいもの。
そうはいっても、ある程度の経験が必要になってくるので、初心者ではとうてい無理な話だと感じてしまうそうですね。

では、ユーザーが読みたくなる文章とはどんなものなのか?

そこで今回は、記事作成(Webライティング)の文章力が向上するコツとして、誰にでもすぐに使えそうなものを厳選して5つご紹介いたします。

1、記事作成(Webライティング)5つのコツ!

記事作成(Webライティング)で文章力が上がるコツは色々ありますが、今回ここでは、

  1. 誰に書いているのかターゲットを明確にする
  2. 見出しを先に決める
  3. タイトルや見出しの直下に結論を入れる
  4. 同じ文末の繰り返しは禁物
  5. 数字を入れるなら具体的に

以上、5つのコツを説明いたします。

他にもさまざまなテクニックといったものはありますが、基本的なコツなので誰でも簡単に実践できるのではないでしょうか。

2、文章力UP!コツ➀ 誰に書いているのかターゲットを明確にする

記事作成(Webライティング)において最も重要なことは、「誰に対して書いている文章なのか?」を明確にしておくこと。読む対象が大人か子供か、または男性か女性かによって文章自体が変わってきます。

例えば、「化粧品」をすすめる記事では、ターゲットは当然女性ですよね。
また、年代でも20代をターゲットにしているなら、文末表現などを意識して「~みたいなことってありますよね」と、投げかけるような砕けた言い回しにしておくだけで、読み手も共感しながら情報が得られます。

このように、書こうとしている記事のターゲットが男性か女性か、さらに年齢層まで意識できれば十分ですが、まずはターゲットとなる対象を明確にしておくことが大切です。

3、文章力UP!コツ➁ 見出しを先に決める

記事作成(Webライティング)では、

タイトル → 大見出し → 中見出し → あれば小見出し

これが基本的な構成となり、タイトルは当然として、文章を書く始める前に大見出し、出来れば中見出しまでを先に決めると進めやすくなります

その理由として、いきなり本文から取りかかってしまうと、書きたいことの整理が出来ていない状態なので、後々「何について書いているんだろう?」なんてことになりかねません。

見出しは、文章の道筋を決めるための大切なもの。先に見出しを決めておけば、途中でタイトルから外れてしまうことが極力減らせます。
タイトルと見出しができたら、客観的にこの内容で良いのか、ユーザーに有益な情報なのか、といった確認もできるのでおすすめです。

4、文章力UP!コツ➂ タイトルや見出しの直下に結論を入れる

記事作成(Webライティング)では、タイトルや大見出しの直下に、その記事の結論を入れてことが有効になります。

読者の心理として、読むべき記事なのかは冒頭で判断してしまいがちです。
基本的にWebでの情報収集は、数多くのサイトを見る傾向があり、探している情報が得られるかどうか判断する前に記事を閉じられてしまいます。

よくあるケースでは、最後まで読まないと何を言いたいのか分からない記事や、読み手に有益な情報でなければ、たいてい最後まで読まれることはありません。

そこで、冒頭の書き出しや、大見出しの直ぐ下に結論となる説明を入れておくと、何について書かれているのかが一目で分かります。
記事の内容にもよりますが、実践して決して損はないでしょう。

5、文章力UP!コツ④ 同じ文末の繰り返しは禁物

文章で、「~です。」「~します。」「~できます。」「~ました。」のような文末が何回も続くと、何となくリズムが悪くなり違和感を与えてしまいます。
また、「~と思います」が記事内に何回も登場したら、自信のなさが伝わってしまうので、「~です。」などの断定的な文末との組み合わせが基本です。

その他にも、「~です。~ます。」で統一しているのに、いきなり「~だ。~である。」などの表現をしている方も多いのですが、これも違和感を他会えてしまいます。

このように、文章を書きときは同じ文末が続いていないか意識しておくこと。目安として、2回までならOKですが、3回続くようなら別の表現に変えましょう。

6、文章力UP!コツ➄ 数字を入れるなら具体的に

まず、文章に数字が入ると、具体的な文章へと変化します。「たくさんある」よりも、「10個ある」と表現すれば具体的になりますよね。

そこで、さらに具体性を持たせるためには、その数字をさらに具体的な数字にすることです。
例えば、「約100%」とするなら、はっきりと「98%」と言われた方が、具体的で説得力も与えてくれます。

また、「約」や「概ね」などの大雑把な数字ばかり使っていると、適当に入れているだけだと感じられ、読む気が失せてしまいます。

記事を作る際、様々なデータを調べる中でせっかく調べた数字は有効に活用していきましょう。
ただし、適当は禁物。どこで調べたものなのか(◯◯調査会社の調査結果による)などの文言は入れておきたいですね。

7、まとめ

記事作成(Webライティング)の文章力が向上するコツとして、5つご紹介しまたが、基本的なことばかりですよね。

特に、誰に対して書いているのか意識しておくことは重要。
ターゲットが明確になったら、後はご紹介したコツを実践するだけで、格段に読みやすくて分かりやすい文章へと変化します。

もちろん書く記事の内容によりますので、上手にコツを実践していきたいですね。

関連記事

  1. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

  2. Webライティングはバイトでもできる!方法や収入は?

  3. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?

  4. 記事作成は代行業者がおすすめ!満足いく業者の選び方

  5. Webライティングの知っておくべき6つのルール

    Webライティングの知っておくべき6つのルール

  6. クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?