記事作成(Webライティング)でリライトする目的と作り方のポイント

webライティングのリライトの目的とポイント

記事作成(Webライティング)業務は、クライアントから依頼を受けてWebサイトのコンテンツ(記事)を執筆するのが主な仕事。
その依頼の中に「リライト」という分野の仕事があり、現在急速に需要が増えています。

簡単にいってしまえば、リライトとは元々の記事を書き直すこと。
とはいっても、ただ単に

  • 文章の前後を入れ替える
  • 「てにをは」を変える
  • 文末表現を変える

など、簡単な文章の操作はリライトとは呼びません。

そこで今回は、記事作成(Webライティング)で「リライト」をする目的と作り方のポイントを参考になれば幸いですがご紹介いたします。

1、記事作成(Webライティング)の「リライト」の目的

記事作成(Webライティング)の「リライト」の目的
記事作成(Webライティング)で行われる「リライト」は、元々ある記事を書き直すことですが、先程説明した通り単純な文章操作ではありません。

記事作成(Webライティング)のリライトの目的とは?

そもそも、なぜ記事のリライトが必要なのか?
Webサイトはコンテンツ(記事)で構成され、必要に応じて追加や削除をしていきます。

そのいくつかある記事の中で、アクセス数が少ない、もしくは滞在時間が短いといった問題がある記事がリライトの対象に。その他にも、記事を掲載してある程度時間が経過すれば、その記事の話題は当然古くなり、旬な情報を伝えるためにリライトが必要なケースもあります。

そこで、リライトの本来の目的は何かといえば、元々ある記事の要点(キーワードなど)はそのままで、新しい記事に生まれ変わらせること。

つまり、リライトする最大の目的は、元々の記事にはない読者を意識した魅力ある記事に作り替えることです。

そのため、「てにをは」を変える、文章の前後を入れ替える、文末表現を変える、といった文章の操作はリライトとは呼ばないのです。

2、記事作成(Webライティング)で「リライト」を執筆するときのポイント

記事作成(Webライティング)の「リライト」のポイント
記事作成(Webライティング)のリライトは、キーワードなど重要な要点は抑えつつ、新しい魅力がある記事に作り替えることが求められます。
では、リライト記事を執筆するときのポイントは?

ポイント➀ 元記事の内容を的確に把握する

まず、リライト対象の記事で書かれている内容を的確に把握すること!
そのとき特に注目したいのが、対策キーワードになります。

元記事では、おそらく対策キーワードに沿った記事の構成で作られているはずです。
そこで、元記事の全体的な構成、見出し、文章の流れを読んで、キーワードから最終的に何を伝えたかったのか把握する必要があります。

ポイント➁ クライアントの意向に沿ったオリジナル記事の作成を目指す

リライトは先程から説明している通り、文章の簡単な操作だけではコピペと変わりません。

あくまでリライトの目的は、元記事にはなかった魅力や価値を生み出すことであり、「自分らしさ」を出したオリジナルの記事に作り替える必要があります。
元記事から汲み取った情報で最終的に伝えたかったことが把握できたら、自分なりの構成や文章でまとめておきましょう。

その際、クライアントの意向はしっかり認識しておくのが大切。
オリジナルといっても、依頼先であるクライアントの意向に沿っていなければ、まったく別の記事になってしまいます。

ポイント➂ 元記事よりも詳しくて分かりやすい文章にする

元記事の全体の内容をみて、オリジナルを目指すなかでも使える情報は当然あります。

そこで、その説明が不十分だと感じれば、さらに詳しく掘り下げて説明する。
また、専門用語や難しい表現が使われているなら、補足説明を追加したり、分かりやすい言い回しに変えたりする必要があります。

その他にも、特定の製品を紹介する記事では、ただ単にその商品の特徴や機能などの説明だけで済ませているときは、他の製品との機能・価格などを比較すると、よりその商品に対する価値を理解してもらえます。

このように、元の記事で使える情報をそのまま使うのではなく、見方を変えてさらに詳しく説明すると、オリジナルに近い文章ができるのではないでしょうか。

ポイント➃ ターゲットを変えてみる

依頼される記事にもよりますが、誰をターゲットにしている記事なのか認識するのも大切。

元記事の内容から誰をターゲットにした記事なのか把握できれば、そのターゲットを変えてみるだけで自然に違った魅力を持った記事ができるものです。

老若男女すべてがターゲットにできる内容の記事では、単純に若い女性向けだったのを、多少若い男性向けの文章を付け加えるだけでも、違った魅力が生まれます。これもクライアントによっては指定されるケースがあるので、可能であれば実践してみましょう。

3、まとめ

記事作成(Webライティング)には「リライト」という仕事があり、元々の記事を新しい魅力や価値を持った記事に作り替えることを目的としています。

参考になれば幸いですが、今回は4つのポイントを紹介しました。
まずは、元記事のキーワードなどの要点はしっかり把握しておくのが前提。

そこで、ただ文章の前後を入れ替えたり、文末表現や言い回しを変えたりするのがリライトと考える方はいますが、あくまで「オリジナル」を目指す必要があります。

記事作成(Webライティング)の仕事の中でもリライト記事の需要は増えつつあるので、執筆する内容はクライアントの意向をしっかり把握しておきましょう。

サイトを上位表示させたいとお考えの方はこちら↓↓↓
記事作成代行プロのサイト

関連記事

  1. Webライティングはバイトでもできる!方法や収入は?

  2. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

  3. Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

    Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

  4. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

  5. Webライティングの知っておくべき6つのルール

    Webライティングの知っておくべき6つのルール

  6. Webライティングを勉強する簡単な3つの方法

    Webライティングを勉強する簡単な3つの方法